RCとSRCの違いとは?それぞれのメリット・デメリットを徹底解説 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

RCとSRCの違いとは?それぞれのメリット・デメリットを徹底解説

※100文字以内で入力してください。
       

マンションの構造

一人暮らしをしようと物件を探しているとき、「RC」や「SRC」という用語を目にしたことがある人も多いでしょう。しかし、この二つの違いがよくわからないという人も少なくありません。それぞれにメリット・デメリットがあるため、きちんと知識を整理しておくことが大切です。この記事では、「RC」と「SRC」の特徴などについて詳しく説明していきます。理想の物件探しにぜひ役立ててください。

そもそもRCとSRCってどのように違うの?

アパートでは木造や鉄骨造が一般的ですが、マンションでは「RC造」や「SRC造」が主流です。

RCとは「鉄筋コンクリート造」のことで、SRCとは「鉄骨鉄筋コンクリート造」のことを指します。

RCは、その名の通り鉄筋で補強されたコンクリートです。鉄筋の枠型にコンクリートを流し込んで造られるもので、マンションの梁や柱など、強度が必要な骨格部分に使用されています。

SRCは基本となる骨格に「H型鋼」などの鉄骨が使用されることがRC造との大きな違いになります。支柱となる鉄骨の周囲に鉄骨の枠型を配置し、コンクリートを流し込むという構造になっています。

【無料】LINEであなたの希望に沿ったお部屋を紹介してもらう!

RCのメリット

RC造のマンション
RCは多くのマンションなどで採用されている構造ですが、いったいどのような特徴があるのでしょうか。ここではRCのメリットについてみていきます。

耐久性・耐震性に優れている

鉄筋やコンクリートには頑丈なイメージがありますが、建物の構造体として使用する場合には弱点もあります。しかし、RCはこの二つを組み合わせることによって、それぞれの弱点を打ち消しているという特徴があります。コンクリートの曲げに対する弱さは鉄筋で補い、鉄筋のたわみや曲がりはコンクリートの硬さでカバーするということに成功しています。この組み合わせにより、木造や鉄骨造などに比べて大幅に耐久性が上がっています。

また、モノコック構造で横向きの力にも対応できるため、耐震性に優れているというメリットもあります。

断熱・気密性に優れている

RC造の建物は、躯体がコンクリートで造られているため、非常に気密性が高いというのが特徴です。

また、発砲断熱材なども併用しているため、断熱性にも優れているというメリットもあります。したがって、外気に左右されず室内の温度を一定に保つことができ、年間を通して快適な生活を送ることが可能です。

エアコンやストーブなど余計なエネルギーを使用する必要がなくなるので、省エネ効果も期待することができます。そのため、木造などの建物に比べると、光熱費は非常に安く済むというメリットがあります。

耐火性に優れている

RC造の住宅は、壁や柱、床や梁などの主要構造物が全てコンリートで造られているため、住宅全体が耐火構造です。通常の火事の温度では強度が低下することもありません。木造などとは比較にならないほど耐火性に優れており、万が一の事故でも被害や損害は最小限に食い止めることが可能です。

また、気密性が非常に高いため、延焼の恐れが低いことも大きな安心材料と言えます。なぜなら、マンションは共同住宅であるという性質上、自分が気をつけていても、他の部屋で火事が発生することがあるからです。

遮音性に優れている

快適な一人暮らしを送るためには、「音」の問題も無視するわけにはいきません。RC造のマンションは外壁がコンクリートのため、外部の音がほとんど遮断されます。そのため、都市部でも静かで快適なプライベートの時間を過ごすことが可能です。

また、マンションなどの共同住宅では生活音をめぐるトラブルが発生する恐れがありますが、RC造は壁や床(スラブ)もコンクリートのため、安心して日常生活を送ることができます。ただし、マンションによっては戸境壁が石膏ボードの場合もあるので確認が必要です。

設計の自由度が高い

RCは非常に屈強であるので、長い柱と梁、高い天井などを自由に造ることができます。そのため、木造などでは難しい大きな空間や開口部などを造ることができるという特徴があります。例えば、広いリビングのある住宅なども簡単に作ることが可能です。設計の自由度も非常に高いため、一人暮らし向けのおしゃれなデザイナーズマンションなどにも最適な構造といえます。

同じ建物の中に店舗・オフィスと住宅を共存させることも可能なため、駅近のマンションなどでも積極的に採用されています。

RCのデメリット

耐久性や耐火性に優れ、設計の自由度も高いなど、RCには非常に多くのメリットがあります。しかし、全ての面において優れているというわけではありません。ここではRCのデメリットについて解説していきます。

建築費用が高額

木造や鉄骨造などに比べると、RC造は建築の作業工程が大掛かりなものとなります。もちろん、建設材料もさまざまなものが必要なため、結果として、建築費用が高額になってしまうというデメリットがあります。

例えば、大手ハウスメーカーで一戸建てを立てた場合、RCの坪単価は木造に比べて約40%も高くなってしまいます。共同住宅の場合は差が小さくなりますが、RCの建築費用が高額であることに変わりはありません。その建築コストは家賃に反映されるため、一人暮らしの物件を探す場合は注意が必要です。

地盤の強化が必要

RC造は、コンクリートと鉄筋という非常に重い素材を使用しています。もちろん強度は抜群なのですが、木造などに比べるとかなり重量がかさむことになります。建物全体が非常に重いため、そのままの地盤には建てることができないというケースが少なくありません。そういった場合は地盤の強化などの大きな工事が必要になり、多大なコストが発生します。当然その分は家賃に反映されてしまうため、一人暮らしをしたい人にとってはデメリットともいえます。

結露が出やすい

全体がコンクリートで構成されたRC造は、気密性の高さが特徴です。そのため、エアコンなどの効きが良いというメリットがある反面、結露が発生しやすいというデメリットがあります。

また、木造住宅とは違って、意識的に換気をしないとカビなどが発生する恐れがあります。新しいマンションでは24時間換気システムなどが導入されており、結露の問題は解消されています。一方、換気システムがない場合でも、ほとんどのマンションには換気口が設置されています。しかし、冬は外気が直接入ってくるため、開放しておくと非常に寒いという問題があることに注意が必要です。

SRCのメリット

SRC造のマンション
SRC造はRC造に鉄骨を追加しているため、さらに、堅牢な印象があります。実際はどのような特徴があるのでしょうか。ここではSRCのメリットについて解説していきます。

RCよりも耐震性に優れている

SRCはRC造にH型鋼などの鉄骨を追加しているため、非常に高い剛性の建築物を造ることが可能です。鉄骨を鉄鋼とコンクリートで強化するようなかたちになるため、かなりの強度であるといえます。

また、剛性が高いだけでなく柔軟性も確保できるという大きな特徴があります。鉄骨をボルトや溶接などで接合する軸組工法を採用しているため、さまざまな方向から衝撃が加えられても、うまく力を分散することが可能な構造なのです。強くしなやかな構造であるため、RC造よりも耐震性に優れているというメリットがあります。

高い耐震性を保ちながら柱や梁が小さくできる

鉄骨を軸に使うSRCは、コンクリートと鉄筋のみで構成されるRCと比較すると高剛性な上、自重を小さくすることが可能であるという特徴があります。そのため、高い耐震性を実現できる一方で、各部をコンパクトなサイズに納めることが可能になります。柱や梁も小さくすることができるため、結果として居住面積を広くすることができるというメリットがあります。高級マンションやデザイナーズマンションは柱や梁が目立たず、室内がすっきりしているのはこのためです。

SRCのデメリット

SRCはRCよりもさらに凝った造りです。そのため、工程は複雑化してしまいます。もちろん工事自体も長期化するため、建築費用はかなりのものになってしまいます。高い建築コストはマンションの家賃に反映されるため、さまざまな工法の中でもSRCの建物がもっとも高い家賃となることに注意が必要です。

また、鉄筋を使うため設計上の制約があるというデメリットもあります。RCのような自由な設計はできないため、個性的な間取りを探している人には物足りない部分もあるでしょう。

それぞれどんな人におすすめか

ポイントサインをしている女性
RCとSRCの建物にはそれぞれの特徴があり、人によって向き・不向きもあります。ここではそれぞれの構造がどのような人に向いているのかについて解説していきます。

RCがおすすめな人

RCの建物は、木造や鉄骨造に比べて遮音性能が非常に優れています。そのため、外や隣人などの音が気になるという人に向いた建物構造といえます。都市部でも部屋で静かにくつろぐことが可能です。また、RCには耐震性能や耐火性能が高いという特徴もあります。地震や火災の被害が心配な人にもおすすめです。

SRCがおすすめな人

SRCはRCよりもさらに堅牢なつくりが特徴です。高い剛性と柔軟性を両立しているため、耐久性や耐震性を重視する人におすすめの構造です。なお、他の構造よりもかなり建築コストがかかることから、高級物件が中心で家賃は高くなる傾向にあります。そのため「建物の造りが良ければ家賃は気にしない」という人に向いているといえます。

RCとSRCのどちらの構造が自分に合っているか考える

マンション
SRCはRCよりもさらに堅牢な造りですが、その分家賃も高くなるといったように、RCとSRCにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。どちらを選ぶのが正解か、というものではありません。大切なことは、自分のライフスタイルにあった構造の物件を選ぶということです。

建物の構造に迷ったらプロに相談!専門スタッフがオンラインでサポート

スマホを操作する女性

建物の構造については専門用語なども多いため、「よくわからない」という人が少なくありません。逆に「もっと詳しく知りたい」という人もいるかもしれません。

「CHINTAIエージェント」は、お部屋探しのプロがあなたの悩みや希望を聞いて、条件に合ったお部屋を提案してくれるチャットサービスです。物件の構造で悩んでいる人にも、部屋探しのプロならではの視点でアドバイスをしています。もし部屋探しで困ったことがあったら、「CHINTAIエージェント」は強い味方になってくれますよ。

自分でお部屋を探しても見つからなかった人や、忙しいからなかなかじっくり探せない人も待っているだけで自分の希望にあわせた物件をプロが提案してくれます。登録も利用ももちろん無料。自分にピッタリの物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!

「CHINTAIエージェント」にお部屋を探してもらう!

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    knowledge Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう