賃貸でできる防音対策とは?手軽な防音グッズの紹介 【Woman.CHINTAI】
 
サマリーポケットキャンペーンサマリーポケットキャンペーン

賃貸でできる防音対策とは?手軽な防音グッズの紹介

※100文字以内で入力してください。
       

音に悩む女性

賃貸生活では、特に騒いでいなくても生活音が聞こえてしまうことがあります。お隣や上の階の音が聞こえてくるということは、こちらの生活音も聞こえているかもしれません。お隣や上の階からの騒音が聞こえず、こちらの騒音も防ぐための防音対策にはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは、快適な賃貸生活を送るために準備しておきたい、防音対策について詳しくご紹介します。

集合住宅で響きやすい生活音とは?

マンション

アパートやマンションで響きやすい生活音とはどのような音でしょうか。戸建てに住んだ経験しかないと、気が付かないこともあるかもしれません。1つの大きな建物である集合住宅では、間取りや構造、建材や壁芯の厚みなどにより音が響くことがあります。

中でも、足音やドアの開閉音、掃除機や洗濯機の音などは、一般的な生活で伝わりやすいといえるでしょう。

音は大きく2種類に分けることができ、コンクリートなどを伝わって聞こえる固体音と、空気の中を伝わって聞こえる空気音とがあります。例えば、物を落としたときの音は床の中を伝わって聞こえる固体音ですが、固体音には伝わるスピードが速く、遠くまで大きな音が伝わりやすいという特徴があります。

テレビや音楽の音、話し声などは空気音に分けられますが、壁や床などでさえぎられると小さくなるというのが特徴です。

防音グッズがなくても!お金をかけずに手持ちのもので防音対策

スリッパを履く
賃貸生活をする上では、誰でも直面する可能性のある騒音問題ですが、工夫次第でお金をかけずに防音対策をすることができます。外部の気になる音をシャットアウトするだけでなく、ご近所に迷惑をかけないようにするためにも、自宅から出る生活音なども上手に防ぐようにしましょう。

例えば、寝る時に音が気になるのであれば、ベッドの配置を変えてみるのがおすすめです。壁から離したり、頭と足の向きを逆にしたりするだけでも、状況を改善することができるでしょう。お隣の生活音が気になる場合は、壁に背の高い家具を並べて、物を詰め込んでおくと良いでしょう。

さらに、壁に接する家具の裏にダンボールを畳んで挟んでおくと、若干の防音・吸音効果を得ることができます。また、こちらからの生活音を減らすために、床を歩くときはスリッパを履くようにすると、足音を軽減させることができます。

引き戸のレールにはろうそくのロウなどを塗っておくと、滑りが良くなり静かに開閉することが可能です。掃除や洗濯、入浴などは深夜や早朝を避けて行うなど、周囲への気遣いを普段から心がけておきましょう。

【無料】LINEで防音性の高い物件をを紹介してもらう!

賃貸生活におすすめ!手軽な防音グッズの紹介

次に、ホームセンターなどで購入できて簡単に設置可能な防音効果が期待できる人気グッズをご紹介します。高価なものは、引越し後も使い回しできるものがおすすめです。

防音・防振マット

床の上を飛び跳ねたときなどに出る振動音は、フローリングの床材を伝わって周囲に聞こえる可能性があります。そのため、リビングや床のフローリングにはあらかじめマットを敷いておくと、音が階下に響くのを防ぎ防音対策を行うことができるでしょう。

防音マットはシートタイプや切り売り、パネルタイプなどがあり、シートタイプの場合1畳あたり800~2000円程度で購入することができます。

材質として耐久性のあるゴムなどが使われており、防音効果だけでなく滑り止め効果や保湿性、クッション性などにも優れています。また、洗濯機やスピーカーの震動を抑えることができる、防振マットなども効果的です。

特に、洗濯機の脱水時の音をなるべく減らすためにジェルやゴムの防振マットを敷いておくと、洗濯機から発生する固体音が伝わるのを防ぐことができます。

洗濯機の防振マットは、300円程度で購入することができます。洗濯機の振動音を軽減させるだけでなく、ベッドやソファなどの下に敷くと、畳やカーペットのへこみを防止することも可能です。

防音カーテン

外が騒がしい場合や音楽の音などを外に漏らさないために有効なのが、防音カーテンです。特に、自宅から出るペットの鳴き声や楽器などの音を外部に漏らさないという点で、より高い効果を期待することができます。防音カーテンや遮音カーテンには音を吸収したり遮ったりする効果があり、空気音に対して有効であることが性能試験でも立証されています。

防音カーテンには音を吸収するだけでなく、紫外線をカットする遮光効果もあります。また、断熱効果があるためエアコンの効きが良くなるので、節電につなげることもできるでしょう。

防音カーテンを設置する際は、カーテンで窓をなるべく大きく覆うようにすることが大切です。空気が窓から漏れると、その分音も聞こえやすくなってしまいます。空気が漏れるような隙間をなるべく作らないように、カーテンは裾が床に付く程度のサイズに採寸し、ぴったりと窓をカーテンで覆うように設置しましょう。

防音パネル・吸音材

手軽に防音対策をしたいという人のために、ホームセンターなどでは防音壁や遮音ボード、吸音パネルや防音シートなど、さまざまな名称で防音対策商品が販売されています。

「あまり大がかりな対策はしたくない」という人には、賃貸向けにワンタッチでキズを付けずに設置できる防音壁がおすすめです。およそ4分の1の費用で防音壁を簡単に設置することができ、工事による音がほとんどしないため、近隣に迷惑をかけることもありません。

ビス止めを行うか、家具の後ろに立て掛けるだけで、隣からの音だけでなく自室からの音漏れも防ぐことができます。

防音壁には吸音性が高くインテリア性もあるフェルトや、柔らかい素材で振動を吸収し音を反射させる効果のあるゴム、特殊ボードなどの素材が使われています。また、防音シートには、アップライトピアノの裏に貼るタイプもあります。

シートを貼る際は、全体を遮音するのではコストがかかりすぎてしまうため、気になる部分のみにしておくようにしましょう。音が気になる箇所だけでも部分的に対策を行うことで、かなりの防音効果を期待することができるでしょう。

次ページでは、賃貸物件で大掛かりな防音対策を行いたい人に向けた注意点をご紹介していきます!

12

住みたいエリアを選んでお部屋探し!

Woman.CHINTAIのこだわり特集からお部屋探し!

    Ranking

    knowledge Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう