横浜駅の通勤情報がまるわかり!実際の混み具合や混雑率、混雑時間(ラッシュ)を調査 【Woman.CHINTAI】
 
サマリーポケットキャンペーンサマリーポケットキャンペーン

横浜駅の通勤情報がまるわかり!実際の混み具合や混雑率、混雑時間(ラッシュ)を調査

※100文字以内で入力してください。
       

横浜駅

横浜駅は、政令指定都市である横浜市の玄関口ともいえる駅です。JR(JR東日本)、東急、京急、相鉄、横浜市営地下鉄、横浜高速鉄道など複数の鉄道を利用することができ、交通の便は非常によいスポットです。

ただし実際の住み心地の良さについては、一人暮らしを始めてからでないとわからないこともあります。例えば毎日通う会社への通勤ラッシュがどれくらい混雑しているかは、引っ越して、実際に朝の電車を体験してはじめて実感することでしょう。

そこでWoman.CHINTAI編集部が実際に朝の通勤時間帯に、世界最多の乗降員数を誇る新宿駅に向かうと仮定して、混み具合や混雑率などの通勤情報をリサーチしてみました。

朝9時前に新宿駅に到着する電車はどれくらい混しているの? ラッシュにあわずに混雑時間を避け、椅子に座ることはできるのか?といった疑問について、実際に乗車して体験した生の声をお届けします!

横浜駅の特徴と基本情報

横浜駅の基本データ

横浜駅は、横浜市西区にあります。前述の通り、複数の鉄道会社が乗り入れています。

特に、これから先の新宿駅への移動手段に関わる鉄道会社関連の情報では、2018年度の1日平均で、東急で乗り降りした人の数は367,023人(横浜高速鉄道との相互直通人員を含む)、JRで乗った人(降りた人は含めず)の数は423,651人というデータが発表されています。すべての鉄道会社を合算すると、1日で200万人以上が乗り降りをしています。

横浜駅の大きな特徴(?)として、駅の改装工事を常に行っているという点があります。いつ完成をするかわからないことから、地元の人の中には「日本のサグラダ・ファミリア」と愛情をこめて呼んでいる人もいるのだとか。実際、この取材期間中にも、相鉄とJR東日本の相互直通運転が行われるなど、常に進化がされている駅なんです。

横浜駅から新宿駅へのアクセス

横浜駅から新宿駅へ向かう経路は複数あります。そのうち、メジャーと思われる方法について、わかりやすく表にしてみました。

ルート所要時間運賃乗り換えその他
JR湘南新宿ライン33分561円なし
JR東海道線&山手線47分561円1回(品川駅)
東急&山手線55分429円1回(渋谷駅)通勤特急を利用
東急&東京メトロ57分440円1回(新宿三丁目駅)通勤特急を利用

※2019年12月時点でのデータ。運賃はICカード利用時のもの

まず時間的にもっとも乗車時間が短いのはJRの湘南新宿ライン。乗り換えなしで一気に新宿駅へ行くことができます。ただし、電車の本数は少なめで、朝の通勤ラッシュは昼間よりも本数を増やしてはいますが、7時台・8時台は1時間に5本のみの発車です。

同じくJRをメインとする方法で、東海道線で品川駅まで出て、山手線に乗り換えるというルートもあります。この場合、品川駅での乗り換えも含め、移動時間は47分。電車の本数も3~4分に1本の頻度で発車しています(さらに、途中の停車駅も違い時間はかかりますが、京浜東北線や横須賀線でも同様に品川駅まで向かうことができます)。品川駅からの山手線も同じく3分に1本の頻度で走っています。

次に、時間はかかりますが、運賃的にメリットがあるのは、東急の東横線に乗るルートです。横浜駅から渋谷駅までは東急の通勤特急で37分、各駅停車で47分。そして、渋谷駅からはJRの山手線で7分となります。また、東急渋谷駅の東横線ホームは地下5階にあり、JRの改札は地上1階部にあるため、乗り換えに5~10分はかかってしまいますが、こちらも現実的なルートです。

似た手段として、同じく東横線に乗って、さらにそのままで東京メトロ・副都心線に乗ったまま新宿三丁目駅へ行き、地下鉄の新宿駅へ向かうというルートもあります。東京メトロの新宿三丁目駅と新宿駅は丸ノ内線で1駅ですが、駅間は約500メートルと徒歩でも十分行ける距離です。新宿駅から向かう先によっては、こちらのルートのほうが向いていることがあるかもしれません。

横浜駅周辺の情報

観光名所としての横浜はみなとみらい地区や中華街など、横浜駅自体からは少々離れています。

その代わりに横浜駅の周辺には相鉄の駅ビルのジョイナスをはじめ、高島屋、そごう、ルミネなどの百貨店が盛りだくさん。駅の東西の出口にはそれぞれ大きな地下街が広がっており、ショッピングスポットとしての魅力があります。

横浜駅の通勤ラッシュ・混雑時間の実態を調査してみた

横浜駅

横浜駅の混雑状況についての情報を集めてみました。

混雑率について

混雑率とは、電車の混み具合を数値化したものです。国土交通省では、下記の目安を発表しています。

混雑率状況
100%定員乗車。座席につくか、吊革につかまるか、ドア付近の柱につかまることができる
150%広げて楽に新聞を読める
180%折りたたむなど無理をすれば新聞を読める
200%体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める
250%電車がゆれるたびに体が斜めになって身動きができず、手も動かせない

※出典:国土交通省ホームページ

横浜駅から新宿駅までの混雑率について

まずはJRオンリーのルートについて。

国土交通省が発表した2018年度のデータでは、東京圏全体のピーク時の平均混雑率が「163%」となっています。

品川駅で乗り換えをする場合に乗車する東海道線では、最混雑区間の混雑率として川崎駅から品川駅の混雑率が「187%」(最混雑時間帯である7:39~8:39の平均)と通常より高い数値が発表されています。ちなみに京浜東北線でも大井町駅から品川駅の混雑率は「186%」(最混雑時間帯である7:34~8:34の平均)となっています。

品川駅から新宿駅までの山手線の外回りでは、直接当該の区間ではないですが、外回りの混雑率は「153%」(最混雑時間帯である7:40~8:40の平均)です。

横浜駅から新宿駅まで直通の湘南新宿ラインは調査対象にはなっていませんでしたが、ネットで検索すると、朝の7時半から9時までは「180%を超える」という記載もありました。

また、東急の東横線については、同じく国交省のデータで祐天寺駅から中目黒駅の混雑率が「168%」(最混雑時間帯である7:50~8:50の平均)と発表されています。ただし、ネット検索では中目黒駅や武蔵小杉駅などの人の乗り降りが激しい駅では、混雑を覚悟したほうがよいとの情報もありました。

横浜駅の駅員さんに聞いてみた

朝の電車の混雑状況について、横浜駅の駅員さんに話を聞いてみました。

まずはJRの駅員さんからの情報。

朝の時間帯は常に混雑のピーク。他鉄道会社からの連絡改札を除くと、南改札、北改札、そして中央通路に面した中央北改札、中央南改札とがありますが、相鉄・東急・市営地下鉄などとの連絡しやすい南改札が一番混み合うのではないかとのことでした。

つづいて、東急の駅員さんからの情報。

ラッシュの時間は特に朝の7時から8時台。座っていけるかどうかは、ホームで並んでいる人数による面が大きいそうです。各駅停車が比較的空いているが、特急でも待ってる人と降りる人の数次第では座れることもあるとのこと。

なお、東急の横浜駅は、正面改札と南改札の2つの改札がありますが、この改札に入ってすぐの階段・エスカレーターは混み合い、そのまま降りた車両も混雑が大きいとのこと。むしろ、改札を入って少し進んで、改札内の中央にあるエスカレーターが空いていて、降りた先の車両(大体電車の中央部になります)も比較的空いているとのことでした。

横浜駅から乗った、JRの混み具合・混雑率の実態を調査してみた

それでは、実際に横浜駅から乗って新宿駅に向かいつつ、混み具合の実態を調べてみましょう。

JR横浜駅の混み具合について

まずこの日は、JR横浜駅から新宿駅へ向かいます。南改札を通った時刻は8時過ぎ。

JR横浜駅の改札はいずれも地下1階部にあり、改札に入って階段などを昇り地上1階にあるホームを目指します。

JR横浜駅

せっかくなので、乗り換えなしで行ける、湘南新宿ラインに乗ることにします。

ここでちょっと一瞬戸惑ったのが、電光掲示板。湘南新宿ラインは10番線からの発車なのですが、この10番線からは他にも横須賀線、総武線などの電車も発車します。乗るべき電車は間違えないようにしましょう。

JR横浜駅

そのせいもあってか、10番線へ昇るエスカレーターは長蛇の列。他のホームのエスカレーターよりも混雑しているように感じました。

JR横浜駅

特にエレベーターを昇ったすぐ近くは、1つの出口の前に30人近く並んでいます。

JR横浜駅ホーム

そして電車がやってきます。

並んでいる人のうち、半数が乗り込みます。残りの人は、同じホームにやってくる違う路線の電車を待っているのでしょう。とはいえ、結構大勢の人が一気に電車に乗ろうとします。新宿行きではない間違えた電車に乗らないよう注意は必要かもしれません。

8時9分、湘南新宿ラインに乗車。混雑率は140%くらい。立っている人も多くパーソナルスペースはほとんどありませんが、本を読むくらいの余裕はあります。乗り込んだ後は、ひたすら到着を待ちます。

8時21分、武蔵小杉駅に到着。降りる人は数名しかおらず、逆に20人近くが一気に乗車しました。一気に余裕がなくなり、スマホを操作するのがギリギリな感じです。

8時31分、大崎駅に到着。ここで30人近くが一気に降り、混雑率は100%ちょっとくらいに一気に減りました。この時に席を立つ人をちゃんと狙うと、たいてい座ることはできそうです。

8時35分、恵比寿駅に到着。ここで10人以上が降り、立っている人も車両全体で10人くらいになりました。

8時37分、渋谷駅に到着。ここでも10人近くが降り、空いている席も出てきました。

そして、8時42分に新宿駅に到着です。

乗車してからの22分間は立ちっぱなしとなり、特に武蔵小杉駅から大崎駅までの間はある程度の窮屈は覚悟する必要はあります。しかし、大崎駅からの11分間は、しっかりと座ることができました。

東急横浜駅の混み具合について

東急横浜駅

別の日にあらためて、今度は東急の横浜駅から新宿駅を目指します。時刻は7時半。

東急横浜駅

2か所の改札はいずれも、地下3階にあります。そこからさらにエスカレーターなどで降りてホームとなります。

東急横浜駅

ホームは1つで、1番線と2番線が向かい合っています。1番線が東横線と相互直通運転をしているみなとみらい線、2番線が渋谷駅へ向かう東横線となります。

東急横浜駅ホーム

ホームの足元には、赤色の急行・特急に乗るための待ち位置と、青色の各駅停車に乗るための待ち位置が書かれています。

東急横浜駅ホーム

急行のほうは15人近く並んでいるのに、各駅停車はその半分以下。ダイヤを確認しつつ、到着が9時ギリギリになりますが、今回は各駅停車での移動としました。

東急横浜駅ホーム

7時40分。急行列車が到着です。

降りる人もいて、空席が3つほどありました。列の先頭に並んでいた人は座ることができたようです。トータルで乗り込む人は20人近く。150%くらいの混雑率で発車していきました。

その数分後、各駅停車が到着。こちらはなんと4,5名が座っている以外は空席。無事に席を確保して、渋谷駅へと向かいます。

ただし、途中の白楽駅、妙蓮寺駅で混みだしてもう座ることはできず。菊名駅では、先程の急行と同じくらいの混雑率となりました。その後、日吉駅、武蔵小杉駅、自由が丘駅、中目黒駅などで10名以上の乗り降りが発生していました。

8時半ごろに渋谷駅に到着。10分で乗り換えてJR渋谷駅の山手線に乗り、そこから新宿まではおよそ7分です。こちらは座ることができませんでしたが、体感での混雑率は120%くらいといったところでした。本を読むことは普通にできました。

横浜駅を快適に利用するためのポイント

横浜駅から新宿駅へ向かう際に、混雑を避けて快適に利用するためのポイントや情報を整理してみました。

  • 横浜駅からの主なルートは、JRの利用か、東急東横線の利用となる。
  • JRは、湘南新宿ラインだと乗り換えなしの1本で行くことができる(ただし本数は少ないので要注意)。武蔵小杉駅などでは混雑を覚悟する必要はあるが、大崎駅・恵比寿駅からは座ることができる。
  • 東急東横線は、横浜駅で降りる人も結構いるので、ホームで並んで待っている人の状況次第で座ることができる。特急の場合は列の先頭でないと座るのは厳しい。各駅停車の場合は、5,6人くらいなら座れそう。

まとめ

以上、朝8時台に横浜駅から新宿駅へ向かう場合について、横浜駅の基本情報、通勤ラッシュ・混雑時間の情報について、ご紹介しました。

まずはJRにするか、東急にするかで、大きく違ってくるようです。それぞれ一長一短ありますので、じっくり考えるとよいでしょう。朝の通勤ラッシュは、少しでも快適に過ごしたいもの。ぜひ、参考にしてくださいね!

※この記事は2019年12月の調査をもとに制作しています。

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

town Ranking

希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
お部屋や引っ越しのご相談受付中!
対応エリア
1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

登録は簡単3STEP

  • STEP1

    LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

  • STEP1

    LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

  • STEP2

    「CHINTAIエージェント」と友だちになる

  • STEP3

    たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

女性スタッフが朝8時から夜10時まで
お部屋をご提供しています!
LINEで始める
登録は
簡単1分
メールで提案してもらう