【2018年7月特集】朝がきたら、でかけよう 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

【2018年7月特集】朝がきたら、でかけよう

※100文字以内で入力してください。
       

フリーランスのライターとして独立したのを機に移り住んだ大田区。五反田から蒲田へと、ぐるりと弧を描く東急池上線沿いには、昔ながらの下町の素朴さが色濃く残った街が集まっている。

仕事柄、日々いろいろな場所へ取材へ出かけるので都営浅草線も使えるのは便利。締め切りに追われ、つい生活が不規則になりがちだけど、朝の時間をのんびりと過ごすのがたまの楽しみだ。

通勤ラッシュが落ち着いた電車に乗り込んでもいいし、晴れた日なら自転車も気持ちいい。徹夜明けの朝、早起きした朝、取材に向かう前。お気に入りの場所に足を運べば、それだけで素敵な1日になりそう。

おはよう、さぁ出かけよう。朝風呂、お散歩、モーニング。今朝は、どこに行こうかな。

写真:川瀬一絵 編集:菊地飛鳥 企画構成:haletto編集部

徹夜明けの温泉はビリリと熱い|朝がきたら、でかけよう 第1話「久松温泉」編

池のほとりをぶらぶら歩けば|朝がきたら、でかけよう 第2話「洗足池公園」編

花咲き誇るモーニングハズカム|朝がきたら、でかけよう 第3話「喫茶ロセンダー」編

※この記事は、2019年11月までおでかけメディア「haletto(ハレット)」で掲載されていた内容を、公式に転載したものです。

※金額など掲載されている情報は記事公開時点のものです。変更されている場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

odekake Ranking