アタシが選ぶ本と週末(5)「この本が、世界に存在することに」著:角田光代 【Woman.CHINTAI】
ディズニープリンセスとのキャンペーンディズニープリンセスとのキャンペーン

アタシが選ぶ本と週末(5)「この本が、世界に存在することに」著:角田光代

※100文字以内で入力してください。
       

この本が世界に存在することに

まさに、本の世界を旅しているような感覚になる一冊。

「この本が、世界に存在することに」のタイトル通り、本に対する愛情を力強く感じさせる短編集。普通の人の話なのにこんなにも愛おしく、物語の中に没入できる本は珍しい。それは直木賞作家でもある著者の「書く力」によるものだけれど、物語の流れや読んでいるときの感情の起伏が美しい。美しいとは、なんとも曖昧な言葉だが、その言葉しか思いつかない。こんな物語が、自分にも書けたらなんて素晴らしいことだろうと思う。

本の中には9つの物語が収録されている。中でも好きなのは第一話の「旅する本」。学生時代に古本屋に手放した本と、旅する異国の地で何度も出会ってしまうお話。その本は、紛れもなく自分が売った本なのである。ミステリーのようにも読めるこの物語は、自分にとっての大切な本の存在を再認識させてくれる。

この本を読み終えた直後、不思議な出来事が起こった。

一昨年の秋、鎌倉市内にあるリサイクルショップでNIKEの赤いスニーカーを売ったのだ。サイズは28cmで、かかとを潰したスウェードの靴。右の靴の先端には、黒い油染みがついていて、これはもう売り物にならないだろうと思っていた。案の定、引取金額は100円だった。その靴が、同じ系列のリサイクルショップの東京の千住店にあったのだ! たまたま千住に住んでいる知り合いに会う前に、時間潰しで入った店だった。最初は「まさか……」と思ったけど、間違いない。上に書いた条件がすべて揃っていたのだ。「お前……」と、ついため息混じりに言葉が出てしまった。もちろん、その靴は買って帰らなかった。「旅する本」の物語と同じように、またどこかで会うかもしれないから。

ここまで書いておいてなんなんだが、著者が書いた異国で出会う本と、神奈川東京間で出会うスニーカーでは、話しの比較にならない。全然ドラマチックじゃない。同じ系列のリサイクルショップで、しかも関東圏なんだから、あり得る。赤いスニーカーよ、どこまでも旅をしてくれ。

三浦市三崎

文と写真:ミネシンゴ

この本が、世界に存在することに

著:角田光代
出版:KADOKAWA
https://amzn.to/2qNbT0o

「アタシが選ぶ本と週末」続きはこちら
アタシが選ぶ本と週末(6)「おべんとうの時間」写真:阿部了 文:阿部直美

はじめから読む

※この記事は、2019年11月までおでかけメディア「haletto(ハレット)」で掲載されていた内容を、公式に転載したものです。

※金額など掲載されている情報は記事公開時点のものです。変更されている場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

odekake Ranking