アタシが選ぶ本と週末(2)「感情ことば選び辞典」編:学研辞典編集部 【Woman.CHINTAI】
ディズニープリンセスとのキャンペーンディズニープリンセスとのキャンペーン

アタシが選ぶ本と週末(2)「感情ことば選び辞典」編:学研辞典編集部

※100文字以内で入力してください。
       

うれしい、さびしい、うつくしい、おこる、うたがう、こころ、あい……日常的に使うさまざまな“感情ことば”。そんな“感情ことば”に特化した小さな辞書をリュックに入れ、電車の中で暇つぶしにパラパラ眺めるようにしている。

先に挙げたような平易な言葉は伝わりやすいけれど、微妙なニュアンスの違いを表現することはできない(そういう意味では、伝わっていないのかもしれない)。そもそも、心のすべてを言葉でいい尽くすことはできない。それでも、自分の“心”に少しでも近づけるように、たくさんの“言葉”を隠しもっておきたいと思う。

端的に、この辞書は面白い。
例えば「怒る」にまつわる類語を引くと……

喝、鬱憤、赫怒、癇癪、義憤、逆上、激昂、激怒、激憤、剣幕、梗概、業腹、公憤、叱責、私憤、瞋恚、痛憤、怒気、悲憤、憮然、憤慨、憤激、憤死、憤然、憤怒、憤懣、噴門、勃然、憂墳、余墳、立腹、ヒステリック…

「好き」にまつわる類語を引くと……

愛顧、愛好、遺愛、好意、好感、好古、好尚、好色、好事家、嗜好、同好、贔屓、夢中、いとしい、意に適う、選り好み、お気に入り、お眼鏡にかなう、首ったけ、恋しい、焦がれる、心にかなう、心惹かれる、慕わしい、大好き、嗜む、熱を上げる、惚れる、まんざらでもない、身を焦がす、目がない、めろめろ……

日々使う「ムカつく」「うざい」だとか、「好きだよ」だとか。そういう言葉の頼りなさをそっと教えてくれる。

蛇足だけれど、私は自分の知らない言葉を知っている人が好きだ(横文字や専門用語を連呼する人のことではなく)。日々のやりとりの中で、聞いたことのない言葉を使われるとドキッとしてしまう。そういう人はきまって“本好き”だったりする。本を通して人は新たな言葉に出会い、豊かな言い回しを学ぶ。本を読まなくても、人は生きていけるけれど。なんだかんだ、読書の価値は計り知れない。

旅や週末のおでかけ、近所へのお散歩……まだ見ぬ風景、食べ物、人などに出会ったとき。「きれいだった」「感動した」「海が青かった」「おいしかった」「人が優しかった」とかではなく、なにか、もうひとひねり。まだ知らぬ言葉に出会うために、言葉の海に飛びこんでみませんか?

文と写真:三根かよこ、街の写真:ミネシンゴ

感情ことば選び辞典

編:学研辞典編集部
出版:学研出版
http://amzn.to/2DNIGGj

「アタシが選ぶ本と週末」続きはこちら
アタシが選ぶ本と週末(3)「手から、手へ」詩:池井昌樹

はじめから読む

※この記事は、2019年11月までおでかけメディア「haletto(ハレット)」で掲載されていた内容を、公式に転載したものです。

※金額など掲載されている情報は記事公開時点のものです。変更されている場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

odekake Ranking