「あんですマトバ」あんこ屋さんの焼きいもパン|秋は、いもくりかぼちゃ! 第1話 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

「あんですマトバ」あんこ屋さんの焼きいもパン|秋は、いもくりかぼちゃ! 第1話

※100文字以内で入力してください。
       

たくさんの観光客でにぎわう街・浅草。雷門、仲見世通り、浅草寺を抜けて、言問通りの向こう側へと渡ると途端に喧騒が遠くなる。

雷門

浅草寺仲見世

以前は、「日本」を詰め込んだテーマパークのような街という印象が強かったけど、そこかしこに地に足のついた下町の素朴さがあって、意外と暮らすにもいい街だ。

あんですマトバ

気温がぐっと下がり、浅草にも本格的に秋がやってきた。毎年、10月に入るとソワソワしてしまう。その理由は、大好きな「いもくりかぼちゃ」のスイーツがいっせいに店頭に並びはじめるから!

待ちに待った週末の朝、少し早起きをして近所のパン屋さんに向かった。

「あんですマトバ」外観

レトロなレンガ壁に、ポップなロゴがよく目立つ。言問通りへ向けて掲げられた店名は「あんですマトバ」。コック帽をかぶったキャラクターは女の子なのだと、顔見知りの店長さんに教えてもらった。いつ見ても、和む店構えだなぁ。

あんですマトバ

「あんですマトバ」はあんパン専門店。「的場製餡所」という老舗のあんこ屋さんが運営している。小さなお店は、近所の人や観光客でいつも大にぎわい。今はまだ、早めの時間なのでそこまで混んでいない。奥の工房から、次々と運ばれてくる焼きたてのパンたちのいい香り。

あんですマトバ

はじめてお店を訪れたときには、あんパンだけで20種類以上もあるのに驚いた。

あんですマトバ

あんパン以外のパンもおいしいので、普段は「近所のお気に入りのパン屋さん」感覚で来店しているのだけど、今日は絶対にあんパンを買うぞ!という決意をしてやってきた。

お目当てはこれ。その名も「焼きいもあんぱん」!

あんですマトバ

屋台で買う石焼きいも風の見た目もかわいいこのパン。一年中置いてある人気のパンなのだけど、秋に食べる焼きいもはやっぱり格別なのだ。お隣に並んだ「マロンあんぱん」は秋冬限定。こちらも、栗に似せたコロンとしたルックスにキュンとする。

あんですマトバ

「夏の間、ずっとこれを待っていたよって言ってくれるお客さんも多いですね」

焼きいもあんぱんに続いてマロンあんぱんをトレイに取ったわたしに、工房からパンを運んできた店長さんが声をかけてくれた。

「かぼちゃあんぱんと天津甘栗あんぱんも焼きたてですよ」

そうと知ったら買わないわけにはいかない。そう言えば、マロンあんぱんは毎年買っているけど、天津甘栗あんぱんを買うのははじめてかも。

あんですマトバ

「マロンあんぱんはモンブラン風、天津甘栗あんぱんは、昔ながらの甘栗屋さんの味を意識しています。同じ栗のパンでもけっこう違うんです。ぜひ食べ比べてみてください」

マロンあんぱんにホイップクリームを添えると、本当にモンブランのような味わいになるのだとか。帰ったら家で試してみよう。あぁ、すごくお腹が空いてきた。

あんですマトバ

「秋季限定の『紅いもあんぱん』も、そろそろ置きはじめます。こちらも、焼きいもあんぱんとはちょっと違いますよ。おいも好きの方にはきっと気に入っていただけるはず!」

紅いもあんぱんが発売されたら、焼きいもあんぱんと食べ比べをしたいな。その時々のイチオシのパンをお知らせしてくれる店内の掲示板「あんフォメーション」をこまめにチェックしなきゃ。

あんですマトバ

またすぐに来ますね。予定よりもかなりたくさんのパンを購入してお店を出た。お散歩がてら、浅草寺にお参りしていこう。

浅草寺の境内の広場にはベンチや自動販売機があって、みんな思い思いに一息ついている。わたしも、空いたベンチに腰掛けて、買ったばかりの焼きいもあんぱんをぱくり。

あんですマトバ

ねっとりとしたおいもの甘さに、これこれ、と思わずにんまり。黒ごまの香ばしさが効いていて、しっかり「焼きいも」風の味わいなんだよなぁ。

あっという間に完食。ふと、常香炉の煙の香りが鼻をかすめた。ひんやりした風と、ほんの少しだけ色づきはじめたモミジやイチョウ。鮮やかな赤や黄色が境内を彩るのは、まだもう少し先のこと。

浅草の「いもくりかぼちゃ」の季節は、はじまったばかり。

あんですマトバ

あんですマトバ

東京都台東区浅草3-3-2
TEL:03-3876-2569
営業時間:7:00-18:30
定休日:日曜・祝日
http://www.matoba-seian.co.jp/andesu/

取材・編集:菊地 飛鳥
企画構成:haletto編集部

写真:川瀬 一絵
島根県出雲市出身。忘れっぽいことへの焦燥感から写真を撮り始め、些細な体感を収集するように撮影を続けている。
近所や訪れた先々で適当に散歩して道に迷うのが趣味。

【秋は、いもくりかぼちゃ!】の他の記事を読む

「アンヂェラス」老舗純喫茶のモンブラン|秋は、いもくりかぼちゃ! 第2話

「ストロバヤ」ロシア料理店のかぼちゃプリン|秋は、いもくりかぼちゃ! 第3話

※この記事は、2019年11月までおでかけメディア「haletto(ハレット)」で掲載されていた内容を、公式に転載したものです。

※金額など掲載されている情報は記事公開時点のものです。変更されている場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

odekake Ranking