【scene 04 凜とした朝 ― Tokyo Trip 冬の旅2018】 【Woman.CHINTAI】
 
サマリーポケットキャンペーンサマリーポケットキャンペーン

【scene 04 凜とした朝 ― Tokyo Trip 冬の旅2018】

※100文字以内で入力してください。
       

翌朝の五時。寝静まったペンションからそっと抜け出して、歩いて三十分ほどの場所にある砂浜に向かう。

昨日、飯岡灯台で海に沈んでいくのを見送った太陽が、今度は海から顔を出す。そんな光景が見たくて、吐く息も白く、歩みを進めた。ニット帽にマフラー、あたたかい手袋もはめて。

九十九里浜

砂浜に到着。九十九里浜の日の出予定時刻までは、あと二十分。目の前の九十九里浜は左右にどこまでも長く伸び、視線を向ける方角によって、違う光景が広がっていた。

西の空は、まだ夜。薄暗い視界の中、寄せては返す波の音に合わせ、鈍い光が水面に反射する。夜の海は、こちらを飲み込もうとする巨大な生き物のようで少し怖い。そして東の空はうっすら明るくなりはじめていた。まるで夜と朝の狭間に立っているみたいだ。そう思った。

海

西から東へ、夜から朝へ。グラデーションを描く空を覆う雲のベール。

海

雲の間から地上へと注ぐ太陽の光はほんのりとあたたかい。視界が明るくなっていくにつれて、曖昧だった海と砂浜との境界がはっきりしていく。

九十九里浜

空は、青とも水色とも、灰色ともつかない色をしていた。どこか懐かしいような気もするし、はじめて見るような気もする不思議な色合い。そのところどころに、ぼんやりとオレンジ色がにじんで、溶け込んでいく。

優しい夜明けだった。太陽の光がなくては、人は生きられないことを実感する冬の朝。
遠くから、キーンと耳を刺すヒコーキの音が、波の音に重なる。

飛行機

美しく、今日がはじまろうとしている。

九十九里海岸の日の出時間

1月:6:50前後/2月:6:30前後/3月:5:50前後/4月:5:10前後/5月:4:40前後/6月:4:20前後/7月:4:40前後/8月:5:00前後/9月:5:20前後/10月:5:50前後/11月:6:20前後/12月:6:40前後

取材・執筆:菊地 飛鳥
企画構成:市井 了
編集:haletto編集部

写真:川瀬 一絵
島根県出雲市出身。忘れっぽいことへの焦燥感から写真を撮り始め、些細な体感を収集するように撮影を続けている。
近所や訪れた先々で適当に散歩して道に迷うのが趣味。

【Tokyo Trip 冬の旅2018】の他の記事を読む

【scene 01 海へ ― Tokyo Trip 冬の旅2018】

【scene 02 オレンジの向こう ― Tokyo Trip 冬の旅2018】

【scene 03 月を見る夜 ― Tokyo Trip 冬の旅2018】

【scene 05 硝子と蛤と ― Tokyo Trip 冬の旅2018】

※この記事は、2019年11月までおでかけメディア「haletto(ハレット)」で掲載されていた内容を、公式に転載したものです。

※金額など掲載されている情報は記事公開時点のものです。変更されている場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

odekake Ranking