コーポとアパートは同じ?建物に付けられる呼び方の違い 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

コーポとアパートは同じ?建物に付けられる呼び方の違い

※100文字以内で入力してください。
       

コーポのイメージ

物件名に「コーポ」や「ハイツ」などが使われたものがありますが、アパートとは違うものなのでしょうか?建物に付けられた呼び方の種類や違いについて、分かりやすく解説します。お部屋選びで失敗しないためのポイントをおさえて素敵な生活を始めましょう!

コーポやハイツとは?

アパートやマンションは「共同住宅」という点では同じですが、構造や規模の違いによって区別されています。一般的に、アパートは木造や軽量鉄骨の2階建て以下の建物、マンションは鉄筋コンクリート(RC)や鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)などで造られた3階建て以上の建物をいいます。

ではアパートとイメージが似ている「コーポ」や「ハイツ」などに違いはあるのでしょうか?

アパートやマンションは「共同住宅」という点では同じですが、構造や規模の違いによって区別されています。一般的に、アパートは木造や軽量鉄骨の2階建て以下の建物、マンションは鉄筋コンクリート(RC)や鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)などで造られた3階建て以上の建物をいいます。

コーポやハイツ、アパートも「住宅」を表す言葉

日本の住宅では、元の言語に関係なく「コーポ」や「ハイツ」などいろいろな言葉がアパートの名称として使われています。呼び方が異なれば、それぞれ違いや特徴があるのではないかと思われますが、物件を見比べてみてもさほど変わらないことが多いのではないでしょうか。

そのため物件を探している方にとっては、少々紛らわしいうえに呼び方だけでどんな建物なのかを判断するのは難しいはずです。

建物構造の解説表

上記の表は、実際に建物によく使われる呼び方と意味をまとめたものです。どれも広く見てみると「家」や「住宅」という意味で使われているのが分かります。

また、よく使われる呼び方の中でも「レジデンス」や「コート」など、「大邸宅」という意味やスケールの大きいイメージがある言葉はマンションによく使われます。

このように、建物の呼び方は構造などを表すのではなく、「住宅」という意味と言葉の持つイメージを建物に与えるために付けられているといえるのです。

なぜいろんな呼び方があるの?

建物のさまざまな呼び方

日本では「コーポ」や「ハイツ」などの使い分けに関して、明確な決まりがないのが現状です。そのため賃貸住宅の名称は大家さんの好みや感覚で自由に決めることができます。どんなに新しい建物だとしても、昔ながらの「○○荘」という名称にしてしまうと古臭いイメージを持たれやすくなってしまうので、なかなか入居者が集まりにくそうですよね。

そこで少しでも入居者の方に魅力を感じてもらおうと、明るく新しいイメージのある様々なカタカナの言葉が付けられた呼び方の賃貸住宅が増えていったのです。

お部屋選びの時は建物の呼び方に注意しよう

お部屋を探したり選んだりする時に気を付けて頂きたいのが、建物の名称に基準がないことによって「建物名」と「実際の建物」にギャップが生じてしまうことです。例えば、おしゃれな名前なので期待していたら、築40年の木造2階建てだった……。

また「コーポ○○」という名前なので古い建物だと思っていたら新築マンションだったなどといったことがあります。

このように呼び方だけのイメージでは、実際の建物を判断するのは非常に難しくなっています。では、呼び方に惑わされずお部屋選びに失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?

不動産会社・賃貸物件情報サイトごとの基準や構造などを要チェック

呼び方に対して明確な決まりがないとはいえ、不動産会社や賃貸物件情報サイトによっては独自の基準で建物の種類を分類している場合があります。

「コーポ」などの呼び方を建物の種類として分類している不動産会社や賃貸物件情報サイトで物件を選べば、建物名と実際の建物とのギャップに悩まされることもないでしょう。

建物の呼び方一覧

上記の表は賃貸物件検索サイト「CHINTAI」における建物の分類です。
CHINTAIでは建物のことにあまり詳しくない方でも分かりやすいように、構造や建築材料によって建物の種別を分類しています。

また不動産会社などによっては基準が設定されていない「コーポ」や「ハイツ」についても、しっかりと分類しているので、建物の呼び方に惑わされずに希望する物件を選ぶことが可能です。

CHINTAI以外の賃貸物件情報サイトや不動産会社を利用する場合、基準はそれぞれのサイトや不動産会社で異なるため「建物の分類」と「建物名の表記」が一致しない可能性がある(例えば、「○○コーポ」という建物名であっても、建物の分類上マンションになるなど)ので注意してください。部屋を選ぶ時は呼び方だけで判断しないで、構造・設備・築年数などの調査、内見などをしっかりと行うようにしましょう。

部屋探しはCHINTAIエージェントへご相談を!

建物の呼び方に惑わされずに理想のお部屋を探したいなら、専門知識豊富な部屋探しのプロに相談するのがおすすめです。

「CHINTAIエージェント」は、お部屋探しのプロがあなたの悩みや希望を聞いて、条件に合ったお部屋を提案してくれるチャットサービス。一人暮らしへの漠然とした不安を相談すれば、部屋探しのプロならではの視点で解決策を提案しています。

LINEアプリ「CHINTAIエージェント」は、登録して7つの質問に答えるだけで、専門のスタッフがあなたにピッタリな物件を探してくれます。

自分でお部屋を探しても見つからなかった人や、忙しいからなかなかじっくり探せない人も待っているだけで自分の希望にあわせた物件をプロが提案してくれます。登録も利用ももちろん無料。自分にピッタリの物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!

「CHINTAIエージェント」にお部屋を探してもらう!

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

knowledge Ranking

希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
お部屋や引っ越しのご相談受付中!
対応エリア
1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

登録は簡単3STEP

  • STEP1

    LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

  • STEP1

    LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

  • STEP2

    「CHINTAIエージェント」と友だちになる

  • STEP3

    たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

女性スタッフが朝8時から夜10時まで
お部屋をご提供しています!
LINEで始める
登録は
簡単1分
メールで提案してもらう