クローゼットなしの部屋でも大丈夫!あふれる服をすっきり収納するコツ 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

クローゼットなしの部屋でも大丈夫!あふれる服をすっきり収納するコツ

※100文字以内で入力してください。
       

服
服の収納に頭を悩ませているひとり暮らしの女性は多いですが、特に、部屋にクローゼットがない場合は、大量の服をどのように収納したらよいのか困ってしまうでしょう。

ここでは、クローゼットなしの部屋でも服をすっきりと収納するコツや、収納に役立つ便利グッズなどについて紹介します。クローゼットなしの部屋で服を収納するコツがわかれば、部屋の中に服が散らかる心配もなくなり、快適な一人暮らしを楽しむことができるでしょう。

まずは収納の基本的な考え方を押さえよう!

ハンガーにかかっている服
クローゼットなしの部屋でも、服をきれいに収納することは可能です。ここでは、収納の基本的な考え方を紹介します。

選びやすい

服を収納する際は、取り出す際のことを考えてきれいに収納しましょう。フォーマル、カジュアルなどの目的やシーズンごとに分けて収納すると、取り出す際に手間がかからず、服を選びやすくなります。また、いつも服の収納場所に悩みやすい人は、何をどこに収納するのか、あらかじめ定位置を決めておくといいでしょう。

例えば、ハンガーにかけて収納する際は、色や素材ごとに分けたりして、一目でどんな服かわかるように収納することがコツです。中身が見えない収納ケースに服をしまう場合は、ケースにラベルを貼っておくと、どのケースに何がしまってあるのか一目でわかるようになります。

取り出しやすい

服はできるだけ重ねずに収納するのがベストです。何枚も重ねて収納してしまうと、取り出す際に手間がかかるだけでなく、服が傷みやすくなるので注意しましょう。服を重ねて収納する際に棚や仕切り板を使うと、収納する際も取り出す際も楽になります。

また、よく着る服はハンガーにかけたり、引き出しの手前に収納したりするなど、ちょっと工夫することによって取り出しやすくなるので、毎朝のコーディネートも楽しみやすくなるでしょう。

見た目が美しい

服を収納する際は、見た目の美しさも意識しましょう。狭いスペースに大量の服を収納すると、どこに何があるのかわからなくなってしまうので、服を詰め込みすぎないように収納するのがコツです。

また、収納グッズを利用する場合は、なるべくグッズの種類を統一して、見た目をすっきりさせましょう。服のたたみ方もすべて統一すると、収納の見た目が美しくなります。

クローゼットなしの部屋で服の収納スペースを作る方法

ベッド下の収納スペース
部屋にクローゼットがない場合は、新たに収納スペースを作ってしまいましょう。ただし、賃貸物件で収納スペースを作る際は、部屋に傷がつかないように注意しなければなりません。ここでは、クローゼットなしの部屋で服の収納スペースを作る方法について紹介します。

突っ張り棒でハンガーをかける場所をつくる

ハンガーをかける場所を作りたいときは、突っ張り棒を使いましょう。突っ張り棒なら壁に穴を開ける必要もないため、賃貸物件でも利用可能です。突っ張り棒の使い方はいたって簡単です。突っ張り棒を壁に渡すだけで簡単にクローゼットが出来上がるため、手間がかかりません。

また、突っ張り棒は横に使う方法だけでなく、立てて収納スペースをつくる方法もあります。

突っ張り棒を押入れの棚と棚に立てると、布団やマットレスなどを立てて収納できるスペースが出来上がるため、収納ケースなどを購入する必要がなくなります。

さらに、突っ張り棒を天井からロープでつるして服をかけるスペースを作ることも可能なので、収納場所に合わせていろんな方法を使い分けてみるといいでしょう。

ベッド下を収納スペースとして利用する

ベッド下のデッドスペースは、服の収納スペースとして使うことができます。取り出しやすいキャスター付き収納ケースに服を入れて、ベッド下に収納することで、簡単な収納スペースが出来上がります。

ベッド下には、あまり取り出すことのない冬物の衣類や毛布などを収納しておくといいでしょう。

また、ベッド下の収納スペースは意外と大きいので、布団やスーツケースなど大きな物もしまっておくことができます。

他にも、趣味で使うものなど、様々なものを収納できるので、普段部屋の中が散らかりやすい人は、ベッド下の収納スペースをうまく活用してみるといいでしょう。

ラックで収納スペースをつくる

部屋にクローゼットがない場合は、ラックで収納スペースを作ると服を収納しやすくなります。オープンラックを使って、ディスプレイのように見せる収納スペースをつくると、まるで店舗にいるようなおしゃれな空間に仕上がります。

また、ラックで服を収納するようになると、色やデザインが一目でわかるため、服が選びやすくなるメリットもあります。忙しい朝の時間でも、服をすぐに取り出すことができるため、手間がかからないでしょう。

一口にラックといっても、木製のナチュラルなハンガーラックから、クールな雰囲気のブラックスチールまで様々なテイストがあるので、部屋のインテリアに合わせて選んでみるといいでしょう。

次ぺージでは、クローゼットなしの部屋で用意したい収納グッズや収納テクについて解説していきます!

12

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    knowledge Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう