一人暮らしの自炊は外食より節約になる?節約レシピや自炊のポイントを紹介! 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

一人暮らしの自炊は外食より節約になる?節約レシピや自炊のポイントを紹介!

※100文字以内で入力してください。
       

自炊
一人暮らしは色々とお金がかかります。できればもう少し生活費を節約したいけれど、どうすればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

一人暮らしの生活費を手っ取り早く節約するには、自炊で食費を抑えるのが有効です。買い物のしかたや、日々のちょっとした工夫で食費はカットすることが可能です。この記事では、自炊を行って食費を節約するためのポイントや、おいしいレシピを紹介していきます。

自炊は外食よりどれくらい節約になるの?

まずは、自炊した場合と外食した場合にかかる費用の違いについて説明していきます。

一般的に、一人暮らしの人が1ヶ月自炊した場合の食費は2万円程度と言われています。対して、昼食・夕食を全て外食にした場合、1食あたり800円としても48,000円。1食あたり1,000円とすると60,000円にもなります。

基本的には自炊の方が大きな節約になるという考えが正しいでしょう。ただ、自炊のほうが必ず節約になるというわけではありません。無計画に買い物をし、余分なものを買ってしまい材料費が高くついてしまうこともあります。また、日々調理に時間を取られ過ぎてしまうと、心身ともに負担になってしまうこともあります。

ただ自炊すれば節約になるということではなく、時間や労力を考慮し、効率よく自炊することが大切です。

自炊で節約を成功させるためのポイント

では、具体的にどのようなことに気を付けて自炊をすればいいのでしょうか。自炊で節約を成功させるためのいくつかのポイントを紹介していきます。

自炊のポイント① 買い物のしかたに気をつける

買い物している女性

せっかくスーパーの安売りに行って食材を買っても、使いきれずにダメにしていては節約にはなりません。何を作るためにどの材料がどのくらい必要なのかを大まかに考えてから買い物にいき、使いきれる分だけを買うようにしましょう。

また、その日に調理し、食べてしまうものなら見切り品で十分な場合も多いので、見切り品がでる時間をチェックしておくとさらに食費が節約できます。

よく使う食材や調味料は、特売の時にまとめ買いするのがお得です。ただ、調味料にも賞味期限があるのであまりたくさん買うのは、やめましょう。まとめ買いする場合は無駄にしないためにも、長持ちする食材(乾麺・米・缶詰・レトルト食品など)や、冷凍保存が可能な食材(肉・魚・冷凍食品など)に限定するとよいです。

買い物の金額によってポイントが加算されるお店が多いので、安い商品を探してあちこちのお店を回るよりも、利用するお店を決めておく方が節約になるケースもあります。 曜日や時間によってポイントが多く加算されることもあるので近くのスーパーの情報は、しっかりリサーチしておきましょう。

自炊のポイント② 冷凍保存を活用する

冷凍保存
食材を長持ちさせるには冷凍保存することをおすすめします。まとめ買いしても食材を無駄にすることがなくなりますし、もう一つ何か加えたいというときに便利です。

ただ、冷凍保存の仕方を間違えると風味が落ちてしまったり、傷んでしまったりすることもあります。ここでは、野菜、肉、魚それぞれに適した冷凍保存の方法を紹介していきます。

野菜の保存方法

野菜
ほとんどの野菜は冷凍することが可能です。使いやすい大きさに切ってからジップロックに入れたりラップに包んだりして保存しましょう。その他にも野菜によっておすすめの保存方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼「大根」の冷凍保存
大根は、皮を厚めにむいてから、カットしてラップに包み、保存袋へ入れて冷凍しましょう。厚めの輪切りにしておけば煮物やおでんに、2mm程度のいちょう切りにしておけば味噌汁などに活用できます。

また、大根おろしにして冷凍するのも良いでしょう。時間があるときにたくさん作って冷凍しておくと、みぞれ煮や薬味として使うことができます。ただし、電子レンジで急激に解凍すると苦みや辛みが出てしまうので、自然解凍して使うようにしてください。

▼「きのこ類」の冷凍保存
きのこ類も冷凍保存することができます。エリンギなどは食べやすい大きさに包丁でカットして、しめじや舞茸などは石づきを取り除き、小房に割いてチャック付きの保存袋に入れましょう。調理する際は、炒め物やスープの具として凍ったまま入れればOK。数種類のキノコを合わせて冷凍すると、1つの料理で様々なキノコを一度に食べることができるのでおすすめです。

▼「ほうれん草・小松菜」の冷凍保存
生のまま冷凍すると、風味を落とさずに冷凍保存できます。流水で洗い、保存袋に入れて冷凍保存しましょう。食べる時は凍ったまま沸騰したお湯に入れて加熱します。

茹でてから冷凍する場合は、水気をしぼって食べやすい大きさにカットし、ラップにくるんでから保存袋に入れましょう。食感が少し劣りますが、解凍するだけですぐお浸しとして食べることができ便利。生のまま冷凍するより場所も取りません。自分が使いやすい方法を探してみましょう。

▼「白菜・キャベツ」の冷凍保存
生のまま、食べやすい大きさにカットしてラップにくるみ、保存袋に入れましょう。葉物野菜は一人暮らしでは使いきれないことが多いですが、一食分ずつ冷凍保存しておけば、栄養たっぷりのスープや鍋などをいつも作ることができます。

なお、一度冷凍したキャベツはサラダなど生食用には向きませんので、必ず加熱してから食べるようにしましょう。

▼「トマト」の冷凍保存
トマトはヘタをとって丸ごと冷凍することも、ざく切りにして冷凍することも可能です。ざく切りにする場合は、チャック付きの保存袋に重ならないように入れ、空気を抜いてから冷凍しましょう。ただし、これも解凍後はスープや炒め物などに入れて加熱して食べるようにしましょう。

▼「玉ねぎ」
一人暮らしでは、なかなか丸ごと1個使い切ることが難しい玉ねぎも冷凍保存できます。一人暮らしでも使いやすいよう、皮をむいてから4分の1ずつにカットし、ラップにくるんで冷凍しましょう。冷凍するとシャキシャキとした食感は失われてしまいますが、煮物やスープなど火を通す料理に入れるとトロトロ甘く仕上がるのでおすすめです。

冷凍に向かない野菜

便利な冷凍保存ですが、向かない野菜もあります。たとえばじゃがいもは一度冷凍すると中の水分が凍り、解凍することで流出してスカスカの食感になってしまいます。繊維の多いレンコンやゴボウも同様です。

また、サラダ用のキュウリやトマト、レタスなども、冷凍してしまうとシャキシャキとした食感が失われてしまうので冷凍には向きません。

肉や魚の保存方法

ラップに包まれた肉

肉や魚も冷凍保存できます。保存の手順は、まずトレーから出し、キッチンペーパーでドリップ(血のような液汁)をふき取ります。次に空気に触れないようラップでくるみ、最後に保存パックで密閉して冷凍しましょう。ラップにくるむ際には、使いやすいよう小分けにしておくと使いやすく便利です。

なお、購入したトレーのまま冷凍するのはNG。冷凍に時間がかかるうえ、肉や魚が空気に触れやすくなるので酸化して傷む原因にもなります。トレーから取り出し、しっかりとラップでくるんでから保存袋に入れるようにしましょう。

節約できるおすすめ自炊レシピ4選!

一人暮らしで自炊をするのであれば、1品でバランスよく栄養が摂れるメニューがおすすめです。1品であれば調理時間も洗うお皿も減るので他のことに回せる時間が増え、趣味などのリラックスタイムを充実させることができるので一石二鳥です。主食は米よりもパスタや小麦粉を使った方が食費を節約できるため、ここでは小麦粉やパスタを使った節約レシピを紹介していきます。

きのことベーコンの和風パスタ

きのことベーコンの和風パスタ
きのこがたっぷり入った和風パスタは、具材を大きめに切ることで食べごたえがアップします。とりわけしてお弁当のおかずにするのもおすすめです。

材料(1食分)

しめじ・しいたけ・舞茸など好みのきのこ:適量
ベーコン:1~2枚
玉ねぎ:1/4個
パスタ:70g
塩コショウ:適量
しょうゆ:大さじ1
白だし:適量
ごま油:適量

作り方

1.きのことベーコンは食べやすい大きさにカットし、玉ねぎはくし切りにしておく
2.パスタをパッケージ表記時間より少し短い時間で、固めに茹でる
3.ごま油をひいたフライパンでベーコン、玉ねぎを炒め、玉ねぎが透き通ってきたらキノコを合わせてさらに炒める
4.塩コショウ、しょうゆで味付けする
5.茹で上がったパスタを加えて炒め合わせ、白だしで味を調えれば完成!

サラダパスタ

サラダパスタ
パスタサラダは野菜をたくさん食べられるし、満足感もあるためランチにぴったり。さっぱりして食べやすいので、食欲がない日にもおすすめです。

材料(1食分)

パスタ:70g
サニーレタス:1枚
きゅうり:1/2本
玉ねぎ:1/4個
トマト:1/4個
ゆで卵:1個
サラダチキン:1/2個
オリーブオイル:適量
お好みのドレッシング:大さじ5

作り方

1.サニーレタスはひと口サイズにちぎる。きゅうりと玉ねぎは薄くスライス、トマト・サラダチキン・ゆで卵は食べやすい大きさにカットしておく
3.パスタを茹で、流水で絞めてざるにあげ、オリーブオイルを全体にまとわせる
4.ボウルにレタス・きゅうり・玉ねぎ・サラダチキン・ドレッシング大さじ2.5を合わせておく
5.別のボウルにパスタと残りのドレッシングを入れ和える
6.皿に5のパスタを盛り、4とゆで卵・トマトを盛り付けたら完成!

ベーコンパンケーキ

パンケーキ
甘いパンケーキとベーコンの塩味が絶妙にマッチする食事系パンケーキは朝食に最適です。材料は2食分なので、焼き上がったパンケーキを冷凍保存しておけば毎食作る手間を省けます。

材料(2食分)

ホットケーキミックス:150g
卵:1個
牛乳:80ml
粉チーズ:大さじ2
オリーブオイル:少々
あらびき黒コショウ:少々
ベーコンスライス:1枚
玉ねぎ:1/8個
バター:大さじ1/2
サラダ油:適量

作り方

1.ベーコンは1cm幅の短冊切りにし、玉ねぎは薄くスライスする
2.フライパンでバターを熱し、玉ねぎを炒める。軽く色づいたらベーコンを加えてサッと炒める。取り出して冷ましておく
3.卵・牛乳をボウルに入れて混ぜる
4.3にホットケーキミックスを加えて混ぜる
5.生地が均一になじんだら、粉チーズ・オリーブオイル・あらびき黒コショウも混ぜ入れる
6.きれいなフライパンにサラダ油をひいて強火で熱する。温まったら一度火からおろし、ぬれぶきんの上に置いて一度冷ます
7.フライパンを弱火で熱し、生地を流し入れ蓋をする。表面にぷつぶつができはじめたら裏返す
8.焼けたパンケーキを皿に盛り、上に2をのせて完成!

じゃがいものお好み焼き

お好み焼き
野菜もお肉もしっかりとれるお好み焼きは、栄養バランスもよく、簡単に作れるので一人暮らしの自炊にピッタリです。

材料(1食分)

じゃがいも:中2個
キャベツ:3枚(千切りにする)
小麦粉:大さじ5
豚ひき肉:100g
卵:1個
ソース、マヨネーズ、鰹節、青のり:適量

作り方

1.皮をむいたじゃがいもを水で濡らし、ラップで包んで500wの電子レンジで5分加熱する。ボウルに入れ、フォークで粗いマッシュ状にする。
2.1に千切りにしたキャベツ・小麦粉・豚ひき肉を入れ、卵を割り入れて混ぜ合わせる
3.油をひいたフライパンに2を丸く成形して入れ、両面をしっかり焼く
4.ソース・マヨネーズ・鰹節・青のりで味付けして完成!

ポイントを押さえて楽しく自炊しよう!

このように、自炊を行えば食費の大きな節約につながります。ただし、上手に買い物し、食品をきちんと使いきらなければ逆に高くつくこともあります。ポイントを押さえて、計画的に自炊することが大切です。

また、節約のための自炊でも、あまり気負い過ぎては長続きしません。無理をせず、たまには外食やお惣菜を活用し、節約ライフを満喫して下さい。

快適に自炊を行うには、自宅のキッチン設備や周辺のスーパーの充実度も大切です。賃貸物件をお探しの方はぜひチャットサービス「CHINTAIエージェント」に相談してみてください。
「CHINTAIエージェント」にお部屋を探してもらう!
プロがウェブ上で相談に乗ってくれ、満足のいくお部屋を見つけることができますよ。

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    knowledge Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう