家賃がお得?「フリーレント」の意味と、 条件の良い部屋に安く住む方法 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

家賃がお得?「フリーレント」の意味と、 条件の良い部屋に安く住む方法

※100文字以内で入力してください。
       

マンション

一人暮らしの物件選び。立地や間取りなどはもちろん、家賃や引越しにかかる初期費用が気になるところです。できれば安くていい物件を見つけたいと思っている人も多いでしょう。

そんな時、注目すべきなのがお得な「フリーレント物件」です。しかし、お得な条件の裏にはワケがあるのでは?と疑ってしまう人も多いはず。この記事では、「フリーレント」とは何なのか、フリーレント物件のメリットや注意点、契約時の条件交渉のコツなどについて詳しく解説していきます。

フリーレントの意味とは?

お得な条件の賃貸物件を探しているなら、「フリーレント」という言葉は聞いたことがある人も多いでしょう。

「フリーレント」とは、入居してからしばらくの間、家賃が無料になるという契約形態のことを言います。

家賃が無料になる期間は、1ヵ月~3ヵ月というところが多いです。なかには「6ヵ月無料」という物件もあるので、大家さんの方針によって無料になる期間はまちまちといえます。

フリーレントは、事務所や店舗の賃貸契約では比較的古くから見られた契約形態です。2000年代に入り、住居用の賃貸物件でも取り入れられることが多くなってきました。不動産検索サイトなどでも、「フリーレント物件」を検索する機能が備わっており、物件数もある程度多くなっています。

大家さんと借り主、双方からみるフリーレントのメリット

このように、借り主側にとってはうれしいフリーレントですが、大家さんは損をしないのでしょうか。フリーレントにすることで大家さんと借り主、双方にどのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

借り主から見るフリーレントのメリット

喜ぶ女性
まずは借り主から見るフリーレントのメリットについて詳しく解説します。

メリット1:一時的に家賃が安くなる

フリーレントの一番のメリットは言わずもがな、家賃が安くなるということでしょう。フリーレントの措置は一時的なものですが、フリーレントなしで家賃を支払い続けるよりも、支払う家賃の総額は安く済みます。

フリーレントがどれくらいお得なのか、今回は家賃7万円の物件に2年間住む場合でシミュレーションしてみましょう。

■家賃7万円の物件に2年間住む場合
<フリーレントなし>
7万円×24ヵ月=168万円
<フリーレント2ヵ月つき>
7万円×22ヵ月=154万円

フリーレントが無い場合、支払う家賃の総額は168万円。一方、フリーレント2ヵ月分が付いた場合の家賃総額は154万円となります。154万円÷24ヵ月で、実質、1ヵ月あたりの家賃は6万4166円ということになります。これはかなりお得感がありますね。

メリット2:引越し直後の出費が抑えられる

引越しにかかる初期費用が抑えられるというのもメリットとしては大きいでしょう。

引越しをしてからしばらくの間は、生活に必要な家具や電化製品、生活用品などを揃えなければいけません。家賃は生活にかかる固定費の中で最も大きい割合を占める費用です。フリーレントによって家賃が数ヵ月無料になれば、余裕をもって新生活の基盤を整えることができるようになります。

フリーレント物件をプロに探してもらう!

大家さんから見るフリーレントのメリット

大家さんのイメージ
借主にとってはお得なフリーレント。一方、家賃を収入源にしている大家さんにとって、家賃を一定期間無料にしてしまうことは損をしてしまうように思えるかもしれません。

しかし、実はフリーレントには大家さんにとってもさまざまなメリットがあるのです。

フリーレント 大家さんのメリット1:空き室が埋まりやすい

大家さんにとってのフリーレントのメリットとして、まず挙げられるのは、空き室が埋まりやすいということです。

入居者が退去してしまった後、その次の入居者がすぐ見つかるとは限りません。実は大家さんにとって、部屋が長く空室のままになってしまう方が、フリーレントで一定期間家賃を無料にするよりも損失が大きいのです。

フリーレントにすることで次の入居者がすぐに見つかり、空室が埋まれば、結果的に大家さんにとってはプラスになります。数ヵ月間家賃を無料にしてでも、所有する物件を満室にしたい!というのが大家さんの本音でしょう。

フリーレント 大家さんのメリット2:家賃を下げるより損失が少ない

大家さんにとって、所有物件の入居者を増やすための手段として「家賃を値下げする」という方法も考えられます。家賃が安くなれば、部屋を探している人の目にも止まりやすくなるからです。

しかし、一度値下げした家賃は、再度元の金額に戻すことが難しくなります。長い目でみれば、長期にわたって安い家賃で部屋を貸すよりも、フリーレントの方が大家さんにとって損失が小さくなる場合が多いのです。

フリーレント 大家さんのメリット3:他の住民から苦情が来にくい

集合住宅の場合、家賃の値下げを行うと、以前から住んでいた入居者の家賃の方が高い状態になってしまいます。物件情報は不動産検索サイトで誰でも自由に見られますので、他の住人に値下げをしたと知られてしまうこともあります。そうなれば、不公平感からクレームにつながるリスクもあります。

入居者の不満は退去の原因になりますので、家賃の値下げはしたくないというのが多くの大家さんの本音です。苦情を回避しつつ空室を埋めるためには、家賃は変えずにフリーレントでお得感を出すという方法がちょうどいいと考える大家さんも多いのです。

次のページでは、フリーレント物件の注意点をご紹介!

12

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    knowledge Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう