のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 後編 【Woman.CHINTAI】
 
サマリーポケットキャンペーンサマリーポケットキャンペーン

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 後編

※100文字以内で入力してください。
       

皆さま、こんにちは。 普段はInstagramで活動をしているのん ( @nonnoroom ) です。 前回に引き続き、皆さまのお役に立つ情報をまとめていきますので、最後までお付き合いくださいませ!

前回の記事はこちら: のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編

一人暮らしに実はいるもの・いらないものがあるって知ってた?

前編では、リビング・寝室にまつわる「実はいるもの・いらないもの」を紹介しましたが、今回は後編と題して水回り(キッチン・トイレ・お風呂等)にまつわるものを紹介していきます。

生活習慣や生活に必要なものは人それぞれみんな異なりますが、 暮らす環境や働く場所が異なれば、自分の生活も不思議と変わっていくものです。 特に実家から一人暮らしをする方は、一人暮らしを初めて実際に新居で過ごしてみないとどんな生活を送るのかはわかりません。 実際に過ごしてみないとわからないように、自分の生活習慣・必要なものは自分にしかわからないのです。

本記事は、私自身が一人暮らしを1年間経験し、「実はいるもの・いらないもの」と感じたものをまとめたので、「自分だったらどうだろう?」と皆さまの生活と照らし合わせながら読んでいただけたら嬉しいです。

一人暮らしにいるもの・いらないもの「水回り編」

実は必要なもの「珪藻土バスマット」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編 珪藻土マット 植物性プランクトンの一種である化石や珪藻などが堆積した『珪藻土』が使われているバスマットは、小さな無数の穴で水分を素早く吸い込むため吸水性が高く、水分を自然に放出する力もあるので、速乾性に優れています。

お手入れが簡単だし、何より洗わなくても毎回サラサラの状態で使えるということが素晴らしい・・・! 一度使ったらもう離れられません。

実は必要なもの「電気ケトル」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編 電気ケトル 普段温かいお茶を家で飲まない方やカップ麺を食べない方は正直持っていなくてもいいかなと思います。 ですが、毎日のように温かい紅茶を飲む私にとっては、もう生活の一部!身体の一部と言っても過言ではありません!(それは言い過ぎ)

鍋でもお湯は沸かせますが、火を使っている間はコンロの前から離れられずプチストレスに・・・ 忙しい朝は特に、電気ケトルのスイッチを入れたらお湯が沸くまでは身支度できるので、本当に助かっています。

実は必要なもの「炊飯器」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編 炊飯器 自炊をしない人でもご飯をまとめて炊いて冷凍しておくだけでチンしてすぐに食べられるし、何よりいちいちご飯を買うよりも節約になるのでおすすめ・・・!

電子レンジでお米が炊けるグッズもあるけど、意外と時間かかるし蒸らしたり手間がかかるしほっておけないのがネック。 炊飯器があればタイマーで帰宅時間に合わせて炊けるようにも設定できます。

実は必要なもの「防カビくん煙剤」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編防カビク燻煙剤 2ヶ月に1回使用すると、銀イオン(Ag)の力でお風呂の黒カビを防ぐことのできる燻煙式のカビ防止剤です。

自分が毎日入るお風呂はできるだけ綺麗に保ちたい。 でも毎日掃除するのは面倒・・・だけどすぐにピンクカビができたり気付いたら黒カビができてる・・・という方におすすめ!

これを2ヶ月に1回正しく使用するだけで、毎日の掃除は不要になります。(私は水切りワイパーだけ毎日かけてます)

実は必要なもの「ウタマロクリーナー」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編 ウタマロクリーナー 一人暮らし始めたての頃の自分に言いたい。 「いろんな洗剤買う前に、とりあえずウタマロクリーナー買って!」と。

ウタマロクリーナーは中性だけどしっかり汚れを落とす力を持っているので、油汚れを始め 水回りや窓ガラス、水拭きできる家具・床・壁紙等、家中のほとんどの掃除に使うことができます。(カビや雑菌にはあまり効果はありません)

洗剤は掃除箇所ごとに分けると膨大な量になってしまうので、ウタマロクリーナーに集結させましょう!

意外といらないもの「布マット」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編 布マット キッチン・お風呂・トイレ・玄関・・・布マットを敷くような場所ってお部屋の中に結構あるのですが、私は敷かない推奨派です。

理由は、掃除と洗濯がめんどくさいから! お風呂だけは水が落ちてしまうので珪藻土マットを敷いていますが、その他のマットを敷いている場所を掃除をするには一度よける手間が挟まるし、洗って乾かす間は結局何も敷かないで過ごすことになるので、だったら無くていいかなと考えています。

意外といらないもの「三角コーナー」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編 ▽コーナー 生ごみをシンクに置いたままにすると虫を引き寄せやすいのと臭いが気になるので三角コーナーは使わない派です。

生ごみは100円ショップで購入した底に穴が開いている袋に入れて毎回ポリ袋に入れて捨てるか、空の牛乳パックに入れてパックがいっぱいになったら(1週間たったら)捨てるようにしてます。

意外といらないもの「お風呂の椅子」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編 お風呂のイス ただでさえ狭い一人暮らしの家のお風呂。 しっかりした椅子を置くには窮屈だし、小さい椅子は座りにくい・・・

私は一応一人暮らしを始める際に購入しましたが、結局1年間使いませんでした。 カビや水垢の掃除も大変だし、まずは椅子無しで様子を見ることをおすすめします!

意外といらないもの「調味料おしゃれボトル」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編 調味料のオシャレボトル おしゃれなキッチンにしたい!と思う方はきっと多いはず。

でも1年間一人暮らしをして思うのは、キッチンはシンプルなほうがいいということ。 おしゃれなボトルに調味料を詰め替えても、外に出しておいたら油等で汚れてベタベタになってしまいます。 中身が無くなったら洗って乾かして詰め替える・・・という手間もなかなか大変です。

調味料は詰め替えなくても使用できる形状のものを購入し、引き出しの中で収納しておく方が見た目もすっきりで使いやすくおすすめです。 (砂糖のみ詰め替えてます)

意外といらないもの「シールを集めて貰えるお皿」

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 前編 シールでもらえるお皿 一人暮らしを始めるときに、とりあえず実家から持ってきたシールを集めて貰えるお皿。 めちゃくちゃ使えます。使えるんだけどね。

だんだん生活に余裕が出てきたときに「もっとシンプルなお皿がほしい」と思うのです。 でも不思議なことに、使えるお皿だし処分するのにも勿体ないからいいやと使い続けてしまうのです・・・(いまだに使ってしまっている)

だったら最初から自分の好みのお皿を買うことをおすすめします。 住み始め初日に絶対必要なものではないので、引越し後の週末に買いに行きましょう。

お部屋を自分仕様にカスタマイズして快適空間を作ろう!

いかがでしたか? 前編に続き後編も私が思う一人暮らしに「実は必要なもの・必要じゃないもの」をまとめていきました。

一人暮らしを始めて「必要だな」と買ったものも、しばらく使ってみたり次の引っ越しのタイミングで「やっぱり必要なかった・・・」と感じることがあります。 でもそうやって「必要?」「必要じゃない?」という判断を繰り返すことで、自分の部屋を最適化させることができるのです。

とは言っても、買うのにはもちろんお金がかかるし、物によっては処分に手間がかかったりお金がかかるものもありますよね。 特に一人暮らし始めたてだったら無駄な出費は避けたい・・・ なので、一人暮らしを始めるときは生活に必要最低限のものだけを揃え、住んでいくうちに少しずつ自分にとって必要なものを揃えていくといいかも。

一人暮らしの部屋は自分だけの楽園。 自分仕様にお部屋のアイテムをカスタマイズして、快適で過ごしやすい最高の空間で快適ライフを送りましょう!

プロフィール

のんのプロフィール

著者:のん
2018年より初めての一人暮らしを一年経験し、社会人3年目(25歳)の現在、初めての二人暮らしを経験中。 8.7万人を超えるフォロワーとの交流を大切にしながら、お金をかけずにできる「可愛いお部屋づくり」や、一人暮らしや同棲生活に役立つ「簡単レシピ」等、様々なお役立ち情報をInstagramにて発信している。
Instagram: @nonnoroom  

部屋探しはWoman.CHINTAIで!

Woman.CHINTAIでは、「女性専用物件」「セキュリティ物件」など、女性がお部屋探しでこだわりたい条件で検索できちゃいます。お部屋探しで悩んだときは、LINEアプリを使って「CHINTAIエージェント」に相談することも可能!担当してくれるのは女性のスタッフなので安心して相談できますよ♪

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    how-to Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう