和室暮らしのメリット・デメリット&お部屋の選び方のポイントをご紹介 【Woman.CHINTAI】
 
サマリーポケットキャンペーンサマリーポケットキャンペーン

和室暮らしのメリット・デメリット&お部屋の選び方のポイントをご紹介

※100文字以内で入力してください。
       

和室ワンルームのイメージ画像

畳にこたつ。和室を活かしたインテリアは、昔懐かしい雰囲気も楽しめますね。ここでは、和室での一人暮らしのメリットや、ワンルームで実現するコツとお部屋の選び方を合わせてご紹介します。一人暮らしのレイアウトで悩んでいる方もぜひ参考にしてくださいね。

和室で一人暮らしをする5つのメリットとは?

笑顔で人差し指を立てる女性のイメージ画像

一人暮らしの部屋のタイプは洋室・和室とあります。実は和室には一人暮らしのお部屋に選ぶと嬉しいメリットも。主な5つのメリットを見てみましょう。

メリット①. 和室ならではの良さを部屋作りに生かせる

床が畳、仕切りがふすまや引き戸、砂壁など、和室は洋室にない特徴もありますので、和室ならではの良さを生かした部屋作りを楽しめます。初めての一人暮らしで、和風テイストの一人暮らしのお部屋を目指したい時には、和室のお部屋を選ぶとレイアウトもしやすくなります。

メリット②. 家賃が洋室より安め

和室タイプの賃貸は、同じ広さや立地条件でも洋室より家賃が安い傾向にあります。和のレイアウトを楽しみながら月々の家賃も抑えられるので、コスト面でのメリットも大きくなっています。

メリット③. 通気性が良くて快適

和室は畳やふすまなど、通気性の良さも特徴。夏や梅雨の時期にも洋室ほどジメジメとした感覚がなく、快適に過ごせるメリットがあります。

メリット④. 部屋のスペースを有効に使える

和室は畳の上で生活するため、洋室のようにソファやダイニングテーブルを置く必要はありません。ちゃぶ台またはローテーブルで直に床に座ります。ベッドを置いても良いですが、押し入れなどの布団を収納するスペースがあれば布団生活でもOK。

もちろん、布団は使っていない時は収納できますので、ベッドの分のスペースは必要ありません。狭い部屋でもスペースを有効活用できるのが和室のメリットでもあります。

メリット⑤. 押し入れスペースを有効活用できる

押し入れは布団を収納するだけではありません。カラーボックスやつっぱり棒を活用すれば、女性の一人暮らしにも最適な収納スペースに変身します。上段には衣類、下段は本棚にする、など自分の好みやニーズに合わせて色々な収納として活用できるのも、押し入れのメリットです。普段は閉めていて中身が見えないのも、お部屋のインテリアを邪魔しないので優秀です。

覚えておきたい和室の2つのデメリット

部屋で落ち込む女性のイメージ画像

主にコスト面で優秀な和室にも、デメリットがあります。和室を選ぶ前に覚えておきたい2つのデメリットを紹介します。

デメリット①. 洋室よりやや掃除が大変

洋室はフローリングタイプが多いため、汚れやほこりが気になっても吸着ワイパーですぐに掃除できるメリットがあります。一方で和室は畳の目にほこりが入りやすかったり、砂壁タイプなら壁の砂が剥がれてきてしまったりと、掃除に少し手間がかかるデメリットがあります。

デメリット②. 築年数が洋室タイプよりも古いことが多い

和室のお部屋は家賃が安い反面、建物の築年数そのものが古いことが多くなっています。耐震設計上で不安がある、お部屋の間取りが昔なので使いづらい、壁が薄いなど建物が古いことで感じるデメリットもあります。

和室を上手に選ぶポイント

和室にあるテーブルのイメージ画像

一人暮らしのお部屋タイプを和室にしよう!と決めたら、納得のいく和室の物件探しをしなければいけません。和風テイストを楽しみながらも一人暮らしのお部屋としても安心して住める、和室のお部屋を上手に選ぶポイントを紹介します。

築年数だけで物件を判断しない

和室のデメリットとして、建物の築年数が古めの物件が多いことを紹介しました。ところが、建物の築年数だけで判断して物件を決めてしまうのはとても勿体ないことです。築年数が高くてもきちんとリフォームされていて内部はきれいだったり、地震対策も行われたりしていることも多いです。

内覧では見えないポイントも必ず確認する

和室の内覧をする時には、見落としやすい、見えないポイントも必ず確認しましょう。内装はリフォーム済みでも畳は古いままで痛みが激しかったり、押し入れの中に汚れや傷、劣化している箇所があったりします。

周辺環境や治安、建物構造も必ず確認する

和室に住みたい、その一点だけでお部屋探しをするのではなく、駅からの距離や治安、階数など女性が一人暮らしをする上で押さえておきたいポイントや、近くにコンビニやスーパー、病院があるなどの利便性も必ず確認しましょう。

和風テイストのイメージを決めておく

和風テイスト、と一言に言っても色々なタイプのお部屋があります。畳にちゃぶ台、茶箪笥やブラウン管テレビなどの昭和レトロ風のお部屋から、鉄瓶や和食器、手ぬぐいなどを組み合わせて民族的なテイストを出したお部屋もあります。まずは、自分がどんな和風テイストのお部屋を目指したいか、イメージを決めておくとお部屋選びもスムーズになります。

部屋探しが難航しそうな時はプロにお任せしよう!

和室の物件を探していても、立地条件や家賃面で折り合いがつかなかったり、内装に使いづらさを感じたりと、理想のお部屋探しが難航してしまうことも。さらに、仕事などが忙しく、不動産屋さんに足を運べない人も少なくありません。そんな時には、「CHINTAIエージェント」登録がおすすめです。登録して待つだけで、理想の和室物件をお部屋探しのプロが提案してくれます。

「CHINTAIエージェント」ならLINEやメールなどのオンライン上でお部屋の情報を教えてくれるので、ランチタイムや寝る前などの空いた時間に見れて便利♪ 忙しい女性の強い味方になりますよ。

「CHINTAIエージェント」にお部屋を探してもらう!

和室での生活を楽しもう

和室を選ぶメリットやデメリット、ワンルームの和室で一人暮らしを実現するコツやお部屋選びのポイントをご紹介しました。家賃などのコスト面でも優秀、スペースを有効活用して快適な生活が楽しめる和室は一人暮らしにも最適。ぜひ「CHINTAIエージェント」に登録して、あなた好みの和室をプロに探してもらいましょう。

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

how-to Ranking