引越し前後に憂鬱になる「引越しブルー」とは?乗り越えるための対処法 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

引越し前後に憂鬱になる「引越しブルー」とは?乗り越えるための対処法

※100文字以内で入力してください。
       


みなさんは「引越しブルー」という言葉を知っていますか?「引越しブルー」は、引越し前後になると憂鬱な気分になる、引越しにストレスを感じる症状のこと。別名「引越しうつ」とも呼ばれています。引越しの準備が面倒に感じる、楽しみだった新生活は不安でいっぱいになるなど、精神状態が不安定になるのが特徴です。

引越しブルーになりやすい人には、いくつかの特徴があります。「自分は大丈夫!」と思っているあなたも、もしかしたら注意が必要かもしれませんよ?どんな人がなってしまうのか、何をすれば対処できるか。引越しブルーの特徴や対処法について、一つひとつ見ていきましょう。

引越しブルーって?何が原因なの?

引越しブルーになる3つの原因

引越しブルーになってしまうのは、以下の3つが原因となっています。

  • 慣れ親しんだお部屋を離れる
  • 新しい場所での生活に不安を感じる
  • 荷物が多くて荷造りや片付けが大変

実家や今住んでいるお部屋は、勉強や仕事で疲れていても、心からリラックスできるほど慣れ親しんだ場所のはず。そんな愛着のある部屋を離れて、新しい場所での生活を考えると、環境の変化に気持ちが追い付いていない方がいます。

さらに、新生活を始める場所で「上手くやっていけるのかな?」と不安になり、引越しのやる気がどんどんなくなってしまいます。誰でも新しい場所での生活は不安に感じるものですが、引越しブルーになると、それ以上の不安が込み上げてくるのかもしれませんね。

また、気持ちの面で問題がなくても、引越しの荷造りや片付けが原因となる場合があります。女性の場合は何かと荷物が多いので、引越し準備が大変と感じる方は多いでしょう。でも、人によっては、引越し準備の大変さを実感することで、一気にやる気が下がってしまうようです。

引越しブルーになるとどんな症状が出るの?

以下の項目に当てはまる方は、もしかすると引越しブルーかもしれません。

  • 気分が落ち込む
  • すぐにイライラする
  • 物事に集中できない
  • 勉強・仕事のやる気が出ない
  • 熟睡できない
  • 何をやっても楽しめない
  • 誰にも会いたくない
  • 食欲が低下する
  • 動悸・発汗・手足の冷えが気になる

引越し前後に上記のような症状を感じる場合は、引越しブルー対策が必要です。でも、当てはまるからといって必ず引越しブルーになるわけでないので、あくまで目安として考えてくださいね。

また、引越しブルーになりやすい性格もあるそうです。

真面目・几帳面・責任感が強い・完璧主義など、このような性格の方は注意が必要です。

特徴に当てはまらなくても、性格が原因で引越しブルーになってしまうかも……。

次ページでは、引越しブルーにならないための対処法についてお伝えします!

12

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

how-to Ranking