荷物の多い一人暮らし女子必見!収納の心得3つとお部屋を広く使う方法 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

荷物の多い一人暮らし女子必見!収納の心得3つとお部屋を広く使う方法

※100文字以内で入力してください。
       

一人暮らしの収納術

一人暮らしのワンルームだと、十分な収納スペースがなかったりするもの。あるいは、部屋が広い場合、広いだけ物が増えてしまい、ごちゃごちゃしてしまう、という人も。

荷物を増やさないことはもちろんですが、収納の心得やコツを知っておくことも大切です。
今回は、一人暮らしをしている女子に役立つ、ワンルームでの収納術をご紹介します。

一人暮らし女子にとって、最も重要な収納の心得とは?

一人暮らしの収納の心得

収納術を語る上で大事なのは、細かなコツよりもまず「心得」。いくら効率よく物を配置できたり、コンパクトに物を詰め込むことができても、基本ルールが守れていなくては意味がありません!収納の心得は、シンプルにまとめるとたった3つだけなんです。

一人暮らし女子収納の心得①.物の場所を決める

フラワーベース

例えば、雑誌がいろんなところに置いてある、畳む洋服はこっちだけど吊るす洋服はあっち……なんていう非効率的な収納は考えもの。間取図と一度にらめっこして「どこに何を置くか」をハッキリさせましょう。

一人暮らし女子収納の心得②.物の量を決める

シンプルな時計

ショッピングを愛する女子なら、物は増えていく一方。でも、それでは家が物で溢れかえってしまいます。ワンピースは何着、スニーカーは何足、コートは何枚、と自宅の収納スペースに収まる範囲で「物の数」のルールを決めておきましょう。

一人暮らし女子収納の心得③.不要な物は捨てる

ラグ

使わないけどずっと持っているもの、もらったけど趣味じゃないもの、色も形も似たようなアイテム……。「いつか使うかも」とクローゼットの奥にしまい込むぐらいなら、思い切って捨ててしまいましょう。

大事なものがわかることで、買い物の好みなどもしぼることができ、無駄な物を買わずに済むかも!

まずは下準備! 広く、スッキリ見せる一人暮らしの収納

家具やインテリアを揃える前にチェックしておきたい、“広く見せる”収納のコツをご紹介します。

一人暮らしの収納のコツ①目線より下に家具・家電を置く

家具は目線から下に

背の高い棚や壁いっぱいに商品が陳列されているお店は圧迫感があって、通路も狭く感じますよね。一人暮らしの部屋もそれと同じで、壁いっぱいに物が配置されていると狭く、暗い感じになります。

家具や家電、棚などをできるだけ目線より下に揃えることで、広くスッキリとした印象になります。

一人暮らしの収納のコツ②モジュールを揃える

メジャーで計測

モジュールとは、大きさの単位のこと。収納スペースや本棚、カラーボックスなどの大きさが統一されていないと、組み合わせた時にスペースの余りやズレが出てきます。そんな時は同じメーカーの同じシリーズで揃えておくと安心です。

ここで気を付けたいのが、家具を買った後に「ちょっとはみ出てドアが閉まらない!」なんてことが起こらないように、あらかじめ壁の幅やクローゼットの奥行きなどをしっかり測っておくこと。ワンルームの場合、部屋の外のスペースが狭くて家具が通らないこともあるので、様々な場所をしっかり測っておきましょう。

一人暮らしの収納のコツ③目隠しをする

目隠しをした収納

「見せる収納」というアイデアもありますが、ゴチャゴチャ感が強調されてしまう場合もあるので、狭い部屋を広く見せたい時には逆効果。基本的には目隠しをする方がベター。扉付きの本棚やカバー付きのハンガーラックなどがおすすめです。

逆に、メイクボックスやアクセサリーボックスなどの小さい収納は見えていないと不便なこともあるので、アクリルケースなど透明な収納ケースに入れておけば、見つけやすくて便利です。

収納における一人暮らし女子のお悩みを解決!

靴が多くて、備え付けのシューズボックスに入らない!

靴の収納

靴が大好きで増えてしまいがちな女子なら、購入時の靴箱は取っておきましょう。普段使わない靴はきちんと汚れを落として、乾燥剤を入れた靴箱に収納し室内で保管する、という方法があります。

また、廊下や玄関先に、壁付けのラックや棚受け・棚板を設置し、ショップのディスプレイのように靴を置くのもおしゃれ。場所をとるブーツなどの類は、玄関の上に突っ張り棚を設置して目隠ししてしまう方法も。

洋服がいっぱいで、クローゼットに入りきらない!

クローゼットに入りきらない洋服

洋服類は、吊るす収納がいちばん効率が良いと言われています。畳む手間を省くという意味でも、クローゼットやハンガーラックを使用するのは効率が良いですよね。使用するハンガーの種類を統一するとよりスッキリしますよ。

洗面所のメイクグッズがごちゃごちゃで使いにくい!

ごちゃごちゃしたメイクグッズ

メイクグッズやアクセサリー類などの小さいものの収納スペースには、奥行きを作らないようにするのがベスト。奥に置いてしまうと使いにくいので、せっかく新作を買っても使用頻度が下がってしまうなんてことも。

収納グッズとしては、用途別に小分けできる透明のアクリルボックスが便利。スペースが確保できない時は、クリアのウォールポケットもおすすめです。余ったポケットにはお気に入りの写真やポストカードを入れるのも可愛いですよ!

収納のコツをマスターして、一人暮らしのお部屋をもっと好きになろう!

収納のコツをマスターした、快適な部屋

学校や会社から疲れて帰ってきたら、散らかりっぱなしの自分の部屋を見てさらにげんなり……そんなことにならないよう、収納を工夫するのは大事。自分がいちばん心地よく過ごせる部屋作りを楽しみましょう♪

収納が広い部屋に引越すのもアリ!部屋探しはCHINTAIエージェントにご相談を

思い切って、今より広いクローゼットや押入れがある物件、はたまた平米数が広い物件に引越すのも一つの手です!

ただ、忙しい毎日、自力で部屋探しをするのはなかなか面倒なもの。そんな時は、ぜひ「CHINTAIエージェント」にご相談ください。

「CHINTAIエージェント」は、お部屋探しのプロがあなたの悩みや希望を聞いて、条件に合ったお部屋を提案してくれるチャットサービスです。ルームシェア物件選びで悩んでいる人にも、部屋探しのプロならではの視点で解決策を提案しています。もし部屋探しで困ったことがあったら、「CHINTAIエージェント」は強い味方になってくれますよ。

使い方は簡単。LINEアプリで「CHINTAIエージェント」を友だち登録し、7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけ。待っているだけで、あなたにピッタリの物件をスタッフが探してくれるんです。

自分でお部屋を探しても見つからなかった人や、忙しいからなかなかじっくり探せない人も待っているだけで自分の希望にあわせた物件をプロが提案してくれます。登録も利用ももちろん無料。自分にピッタリの物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!

「CHINTAIエージェント」にお部屋を探してもらう!

また、Woman.CHINTAIのInstagramアカウントでは、東京のターミナル駅に通いやすい街を擬人化して紹介しています。街の雰囲気や特徴をわかりやすくお伝えしていますので、こちらも参考にして、ぜひ自分に合う街を見つけてみてくださいね!





@woman.chintai

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    how-to Ranking