初めての方必見!一人暮らしのスタートにはどのくらい費用がかかる? 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

初めての方必見!一人暮らしのスタートにはどのくらい費用がかかる?

※100文字以内で入力してください。
       

初めての方必見!一人暮らしのスタートにはどのくらい費用がかかる?

夢と憧れが詰まった、初めての一人暮らし。でも、いざ始めようと思うと、いろいろ心配なことも出てくるかと思います。きちんと生活できるのだろうか?どれくらいの家賃の部屋に住むのがいいんだろう?などなど。中でも、一人暮らしのスタートに先駆けて必要となる費用に関しては、気になっている方も多いはずです。

賃貸契約に必要な初期費用の相場は、一般的に「家賃の6倍」といわれています。一人暮らしをスタートさせるためには、この初期費用のほかに、引越し費用や家具・家電をそろえるための費用、1ヵ月分の生活費がかかります。
今回は、初期費用や月の生活費など、一人暮らしを始めるまえに知っておきたい費用についてご紹介します。

物件の賃料だけじゃない!賃貸契約に必要な費用

家の賃料だけじゃない!賃貸契約に必要な費用

一人暮らしを始めようと思っている人にまず知ってほしいのが、賃貸契約に必要な費用=初期費用は、家賃だけではないということです。初期費用の中には敷金や礼金、仲介手数料などさまざまな費目があり、退去時に返ってくるものもあります。ここでは、おもな費目と、それらの費用がなぜ必要なのかを見ていきましょう。

・敷金

相場:家賃0~2ヵ月分
敷金とは、物件の大家に預ける保証金です。退去時に自然損耗や経年劣化以外の汚れ・破損が認められた場合の修繕費や、家賃未払いや不払いが起こった際の補填などに使われます。退去後に、実際に使用した金額を差し引いて返金されます。

・礼金

相場:家賃0~2ヵ月分
礼金は、物件の大家さんに支払う謝礼金です。退去しても返金されることはありません。

・仲介手数料

相場:家賃0.5~1ヵ月分
物件を紹介してくれる仲介業者を利用する場合、仲介手数料が必要となります。法律で「原則は家賃0.5ヵ月分。借主の承諾を得ている場合は上限1ヵ月分」と決められているため、それ以上高くなることはありません。ただし、別途消費税が加算されます。

・前家賃、日割り家賃

前家賃は、契約時に納める翌月分の家賃です。住み始める当月と翌月の2ヵ月分を支払います。
月の途中から入居した場合は、日割り家賃が発生します。家賃や管理費、共益費の1日あたりの金額を算出し、実際の居住日数に応じて支払います。

・管理費、共益費

相場:家賃の5~10%
物件の共用スペースや建物自体の修繕、メンテナンスなどに使用する費用が必要になります。毎月、家賃といっしょに支払います。

・鍵交換費用

相場:20,000円前後
新しい鍵に交換する費用が必要になります。任意ですが、一人暮らしの女性は特に、防犯上交換することが望ましいです。

・火災保険

相場:2年契約で20,000円前後
災害時の損害保険です。賃貸契約と同時加入が一般的です。

このほか、連帯保証人がいない場合や連帯保証人不要物件で必要となる「賃貸保証料」、入居前の雑菌駆除として「消毒料」などが発生するケースもあります。

初期費用抑え目な物件をプロに探してもらう!

実際にどのくらいかかるの?一人暮らしの初期費用をシミュレーション

実際にどのくらいかかるの?初期費用をシミュレーション

初期費用を計算してみると、実際にどのくらいの金額になるのでしょうか?「家賃70,000円、共益費5,000円」の物件でシミュレーションしてみましょう。

敷金、礼金(各家賃1ヵ月分):14万円
仲介手数料(家賃0.5ヵ月分+消費税):37,800円
前家賃(家賃2ヵ月分+共益費2ヵ月分):15万円
鍵交換:20,000円
火災保険(2年契約):20,000円
合計:36万7,800円

このケースでは、初期費用は家賃の約5.25倍となりました。ただし、一人暮らしをスタートするためには、初期費用のほかに、引越し費用や家具・家電・日用品などを買い揃える費用も必要となります。やはり、家賃の6倍以上は予算として見ておきたいですね。

一人暮らしのスタートに必要な費用を節約するコツ

一人暮らしのスタートに必要な費用を節約するコツ

一人暮らしを始めるときは、ある程度まとまったお金が必要になります。新生活をスタートするために必要な支出とわかっていても、できるだけ抑えたいというのが本音ではないでしょうか。ここでは、初期費用や引越し代など、一人暮らしのスタートに必要な費用の節約方法をいくつかご紹介します。

敷金・礼金不要の物件や、フリーレント物件を探す

敷金・礼金不要の物件を選ぶと、初期費用をかなり抑えることができます。ただし、立地や設備がいまひとつだったり、退去時の支払いが高額になったりするケースもあるため、事前によく確認しておきましょう。また、敷金、礼金ありの物件と比べて、物件数が限られる傾向もあります。
また、最近は入居から一定期間の家賃が無料になる「フリーレント物件」も増えていますので、併せて検討するのもおすすめです。フリーレント期間終了後の条件も、忘れず確認しておきましょう。

契約日や入居日を調整する

初期費用には、家賃2ヵ月分+共益費2ヵ月分の「前家賃」が含まれることが多いですが、物件の契約・入居日を交渉することで、翌月の家賃まで一度に支払わなくても良くなる場合があります。
家賃は「翌月分の家賃を前月に支払う」のが基本です。初期費用に前家賃が含まれることが多いのはこのためです。入居日が月の半ば以降であれば、賃貸契約時に翌月の家賃も支払わなければならない場合が多いでしょう。入居日が月初めであれば、その月の日割り家賃(例えば12月6日に入居した場合、家賃÷31日×25日分)を初期費用として支払い、翌月の家賃支払いは入居月の末日で良いというケースもあります。

初期費用を抑えたいときは、翌月の家賃が発生しない日に入居できるかを、仲介業者や物件の大家に確認してみましょう。

引越しの仕方を工夫する

引越し業者に依頼する際は、単身向けパックや、時間を指定しないフリー便などを利用すると安くなります。また、繁忙期を除くシーズンや平日指定などでも、引越し料金を抑えることができます。極端に荷物が少ない場合は、宅配便などを使うのも得策です。また、家電などを引越し先で買い揃えるようにすると、移動する荷物の量を減らすことができます。

家具や家電は最小限に

初めからあれこれそろえてしまうと、費用もそれなりにかかってしまいます。まずは最低限必要な物のみ用意して、実際の生活スタイルに合わせて増やしていきましょう。高額になりやすい家電は、サイズや使用頻度で後悔することがないよう、リサイクル品やレンタルを利用して様子を見ると、失敗も防げます。

一人暮らしを始める前に、当面の生活費も準備しておこう

当面の生活費も準備しておこう

初期費用を払い終え、ホッとしたのも束の間。今度は、日々必要な生活費が発生します。一人暮らしを始める前には、当面の生活費も用意しておいたほうが安心です。

毎月の支出には、大きく分けて「固定費」と「変動費」があります。家賃を除いたおもな固定費は、電気、ガス、水道の光熱費となります。一人暮らしの光熱費の相場は、トータル10,000円ほどです。

月によってバラつきのある変動費には、食費、通信費、日用品費などがあります。食費は20,000~30,000円、通信費は10,000円、日用品費は5,000円程度が一人暮らしの相場のようです。このほか、医療費、交通費、交際費なども必要になる場合がありますので、変動費として5~10万円は準備しておきたいものです。

ただし、変動費は工夫次第で節約できますので、自炊をしたり、食材や日用品をセールでそろえたりすれば、支出を抑えることができます。

家賃、初期費用、生活費を抑えて快適な一人暮らしを!

初期費用や引越し費用、当面の生活費で、少なくても50万円以上は見ておきたい一人暮らしのスタート資金。いざ一人暮らしを始めてみると、想定していなかった費用が発生することもあります。

物件の選び方や交渉によって初期費用を節約することができると、予算をほかに回すことができます。なるべく初期費用を抑えられるよう、工夫してみましょう。

部屋探しで悩んだらCHINTAIエージェントに相談!専門スタッフがオンラインでサポート

初めての一人暮らしで、初期費用を抑えられる物件探しや不動産用語がわからない!という方は、ぜひ「CHINTAIエージェント」にご相談ください。

「CHINTAIエージェント」は、お部屋探しのプロがあなたの悩みや希望を聞いて、条件に合ったお部屋を提案してくれるチャットサービスです。お部屋探し初心者に、部屋探しのプロならではの視点で解決策を提案しています。もし部屋探しで困ったことがあったら、「CHINTAIエージェント」は強い味方になってくれますよ。

使い方は簡単。LINEアプリで「CHINTAIエージェント」を友だち登録し、7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけ。待っているだけで、あなたにピッタリの物件をスタッフが探してくれるんです。

自分でお部屋を探しても見つからなかった人や、忙しいからなかなかじっくり探せない人も待っているだけで自分の希望にあわせた物件をプロが提案してくれます。登録も利用ももちろん無料。自分にピッタリの物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!

一人暮らしにおすすめの部屋を「CHINTAIエージェント」に探してもらう!

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    cost Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう