2年契約の賃貸を途中で解約したい!違約金は発生するの?注意すべきポイントも解説! 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

2年契約の賃貸を途中で解約したい!違約金は発生するの?注意すべきポイントも解説!

※100文字以内で入力してください。
       

契約書を破棄するイメージ画像

2年契約の賃貸を途中解約する際に留意しておきたい「違約金」

2年契約のイメージ

学生生活や仕事の転勤等、日本で生活をしていると賃貸借契約を結び、アパートで暮らした経験のある人は多いのではないでしょうか?多くの場合、賃貸借契約は「2年間」と定められていることが多いです。

ですが、2年間そのお部屋に住み続ける予定で借りても何らかの事情により、引越しをしなければならなくなるケースもあることでしょう。例えば、大学生活中に別のキャンパスへ移動しなければならなくなるケースや、履修科目の実習中に数週間という長い期間、アパートを離れて生活するケース、また、社会人ともなれば会社内の異動もつきものです。

賃貸借契約を行う時点でそういったことが分かっていたらいいものの、そういった引越しが必要となる転機を住み始めた後に訪れることも少なくありません。

つまり、賃貸借契約の期間中に、契約期間の途中ではあるものの、解約しなければならないというタイミングがくる可能性があります。

では、上記のように賃貸借契約の期間中に契約期間を満たしていないけれども別の地域、物件に引越しをしたいという場合はどうしたら良いのでしょうか?また、そういった場合には違約金は発生するのでしょうか?

携帯電話等の契約では、契約期間内に契約を解除する場合、違約金を請求されることが一般的であるため、「アパートやマンションの違約金はどうなのだろう?」と心配される方もいることでしょう。そんな方のために、今回の記事では賃貸借契約を結ぶ上で留意しておくと良い「違約金」についてお伝えしていきます。

Woman.CHINTAIトップページバナー

賃貸借契約における「違約金」の意味とは?

家のイメージ

アパート等の賃貸借契約のみに限らず、携帯やWi-Fi等の端末にも課されていることが多い、違約金。まずは違約金がどういったものなのかみていきましょう。違約金とはその名前の通り、契約した内容に反した際に、相手に対して支払うお金です。

アパートやマンション等の賃貸借契約の場合は、賃貸契約を結んだ直後から違約金が発生する場合が多いです。違約金の「発生」についっては賃貸借契約をした物件によりさまざまではありますが、重要事項説明の際に必ず明記されているものですので、しっかりと確認しておくことが必要です。

また賃貸借契約を結んでいる物件によっては、残っている契約期間により、違約金の金額が変わる場合や、違約金が発生しないといったケースもあります。賃貸借契約期間中に、解約が必要となった場合は、焦らず、まずは契約書の重要事項説明に目を通してみましょう。

それでは賃貸借契約の期間中に契約を解約したいというケースについて説明します。ご自身のケースにあてはめながら読み進めてみてください。

解約して引越ししたいときはどうする?

悩む女性

賃貸借契約の解約は「誰の都合によるものなのか」により手続きが異なりますのでご注意ください。

仕事の転勤や、気分を変えたいから引っ越す、マイホームの購入等といった借主の都合による解約の場合です。この場合、契約書で定められている期間よりも前に、大家さんや賃貸の管理会社へ解約したいという旨を伝える必要があります。

退去希望時期からどれくらい前までに申告が必要なのかという点は、必ず賃貸借契約書に記載があるはずです。事前に確認をしておきましょう。多くの場合、退去希望日の1ヶ月前までとされています。

退去日を伝える場合は、契約書面に記載されている期限を確認しましょう

契約期間中の途中解約の注意点1

上記で述べたように、多くの物件では解約するにあたり、申告しなければならない期間が定められています。こういったケースの場合に注意したいのが「言った・言わない問題」です。電話での解約申告は記録に残すことができないため、メールやFAXでの申告が確実です。しっかりと記録として残せる媒体で、解約の申告を行っておくと良いでしょう。

書面にて解約の申告を送った場合は、念のために解約申告書類が大家さんや賃貸管理会社に確実に届いているのかという点を確認しておきましょう。

また、解約日と退去の立会い日、立会いの時間に誤りがないかを確認しておくことをおすすめします。3月や4月は引越しをする人や新しく一人暮らしをスタートさせるためにお部屋探しをする人が増え、管理会社の繁忙期です。手続きの誤りなどにより、金額を無駄に支払うことがないように、また、無駄な時間を増やさず、スムーズに解約の手続きを行うため、少し面倒かもしれませんが、念には念をおして確認しておきましょう。

契約期間中の途中解約の注意点2

賃貸借契約期間中に途中解約する場合に注意しておきたい点がもう一つあります。それは、解約月の家賃です。こちらの内容に関しても賃貸借契約書に詳細が記載されているため、しっかりと確認しておきましょう。

1ヶ月に満たない期間の家賃の請求の形態は3つあります。1つ目が「日割り、2つ目が半月割、3つ目が月割という形態です。日割であれば、家賃を30日または31日で割った金額が日数分だけかかってきます。また半月割の場合は1日〜15日までの解約の場合に家賃の半分、16日〜31日の解約の場合は1ヶ月分の家賃が必要になるという形態です。3つ目の月割りは1月のうちのどの日に解約したとしてもその月の1ヶ月分の家賃がかかるという形態です。

つまり、月割りの場合、月初めの解約は非常に損になります。また半月割の場合は15日に解約する場合は得、16日に解約の場合は損ということになります。賃貸借契約の解約を申し入れる前に、最終月の家賃がどうなるのかについても確認しておくと良いでしょう。

一人暮らしのお部屋を探してみる!

次ページでは、気になる違約金の目安や交渉方法について解説します!

12

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

cost Ranking

希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
お部屋や引っ越しのご相談受付中!
対応エリア
1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

登録は簡単3STEP

  • STEP1

    LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

  • STEP1

    LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

  • STEP2

    「CHINTAIエージェント」と友だちになる

  • STEP3

    たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

女性スタッフが朝8時から夜10時まで
お部屋をご提供しています!
LINEで始める
登録は
簡単1分
メールで提案してもらう