一人暮らしでも貯金できる?一人暮らし女子の節約術を解説! 【Woman.CHINTAI】

一人暮らしでも貯金できる?一人暮らし女子の節約術を解説!

※100文字以内で入力してください。
       

一人暮らしでも貯金できる?一人暮らし女子の節約術を解説!

「一人暮らしをしたいけど、貯金ができなくなるのは不安…」という声をよく聞きます。働く女子の生活には、美容代や洋服代など、さまざまな費用がかかるもの。実家にいるときと同じような経済感覚では、貯金をしながらの一人暮らしは難しいかもしれません。

しかし、毎月の生活費を抑えたり、小さな無駄使いをなくして節約したりすることで、一人暮らしでも貯金をすることは可能です。そこで今回は、一人暮らしの女性が実践したい、家賃や生活費の節約術についてご紹介します。

【一人暮らし女子の節約術】まずはランニングコストを抑えよう

貯金をするためには、当然ながら、収入より支出を減らす必要があります。まずは、毎月発生する家賃や電気代といったランニングコストを抑えるポイントを見ていきましょう。

妥協できる条件を探して家賃を抑える

一人暮らしにかかる費用の大部分を占めるのが家賃です。家賃を抑えるためにも、自分が妥協できるポイントを明確にしてから部屋探しを始めましょう。

駅から遠い物件を選び自転車を活用する

自転車を活用しよう!

駅から近い物件は、通勤や遊びに出掛けるときに楽ですよね。また、暗い夜道を長く歩かなくてもいいなど、防犯面から考えても安心です。しかし、駅近の物件ほど家賃は高い傾向があります。家賃を抑えるために、駅から遠い物件も選択肢に入れておきましょう。

家から駅まで距離があっても、自転車を活用することで、時間や防犯面のデメリットを解消することができます。またサボりがちな運動も毎日の自転車なら続けられて、スタイル維持や気分転換にも効果がありそうですね。

1Kではなく1Rの間取りを探す

一人暮らしをするにあたって、多くの人が1Kの間取りを希望します。しかし、同じ平米数でも、1Rのほうが1Kよりも家賃が安い物件が多く、ランニングコストを抑えたい場合におすすめです。エリアにもよりますが、1Rのほうが1Kよりも、家賃が約10,000円近く抑えられることもあります。キッチンとリビングの仕切りがなくなる分、居住スペースが広くなる点も1Rのメリットといえるでしょう。

南向き以外の部屋を探す

日差しあふれるお部屋

南向きの部屋は日当たりが良く、家賃が高くなりがちです。しかし、一人暮らしの女性の場合、昼間は家にいないことも多いはず。また、防犯上、洗濯物を室内干しする方も少なくないと思います。南向きの部屋である必要があまりない場合は、北向き西向き東向きの部屋も検討してみるといいでしょう。

電気代がかかりやすい物件は避ける

電気代がかかりやすい物件の特徴として、次のような点が挙げられます。

広い部屋

部屋が広いと、部屋全体の気温を一定に保ちにくいというデメリットがあります。そのため、エアコンを酷使したり、別の暖房器具が必要になったりして、電気代が余計にかかってしまいます。

築年数の古い物件

古いマンションやアパートは、隙間風が入りやすいため、冬場は部屋全体が温まりにくいというデメリットがあります。部屋探しの際は、物件の築年数やリノベーションの状況もチェックしてみましょう。

2016年にスタートした「電力の小売全面自由化」によって、賃貸マンションやアパートでも、居住者が自由に電力会社を選べるようになりました。電力会社を比較する際は、ウェブサイトでシミュレーションして、お得なプランを探してみるといいでしょう。

お得な物件をプロに探してもらう!

【一人暮らし女子の節約術】日々の生活にかかる生活費の節約術

日々の生活での節約術

ランニングコストを抑えることができたら、次は日々の生活費にも目を向けてみましょう。ここからは、日々の生活費をできるだけ抑えるための節約術をご紹介します。

食費の節約術

まずは、一人暮らしの人が、毎月の食費を抑えるためのポイントを見ていきましょう。

1ヵ月あたり12,000~15,000円以内でやりくりしてみる

お弁当を作る
節約を実現するために、まずは1ヵ月あたり12,000~15,000円以内の食費を設定して生活してみましょう。1週間あたり3,000円ほどの予算を設定し、たんぱく質炭水化物野菜を、それぞれ1,000円ずつ購入するのがおすすめです。この予算内で食費をやりくりしようとすると、必然的に外食が少なくなり、自炊の習慣も身に付きます。

野菜などを買い込みすぎると腐らせてしまい結局損することも…

袋に入った野菜
野菜が安いと、ついたくさん買い込んでしまいがちです。しかし、一人暮らしでは、使いきれずに腐らせてしまうこともあります。1人で食べきれる量を計算して購入することで、節約にもつながるでしょう。

カフェやコンビニへの立ち寄り回数を減らす

コンビニでドーナツ

食費がかさんでしまう大きな原因として、カフェやコンビニへ頻繁に立ち寄ることが挙げられます。数百円の買い物でも、毎日続けているとそれなりの金額になります。職場には水筒やマグカップを持っていったり、コンビニやチェーン店に頼らずできるだけ自炊したりすることを心掛けましょう。

理美容費や被服費、交際費

お洋服をショッピング!

女性にとって欠かせないのが、理美容費や被服費です。また、働く女子には、職場の同僚や友達との交際費も必要ですよね。これらの費用をできるだけ抑えるためには、次の2点を意識してみましょう。

被服費や交際費などの出費は収入に対して約2割が目安

支出が多くなりがちな理美容費や被服費、交際費、娯楽費などの予算は、収入に対して20%ほどを目安にしましょう。それぞれの費目別に、月当たりの予算を決めておくといいでしょう。

とはいえ、交際費は予定どおりにいかないこともあります。急な飲み会などが入ってしまった場合は、ほかの予算から補うなどしてバランスをとります。飲み会が多くなる時期やバーゲンセールの時期など、支出が多くなりそうな時期に向けて、事前に積立てをしておくのもおすすめです。

フリマアプリやファッションレンタルサービスなども活用する

最近では、フリマアプリやファッションレンタルサービスなど、洋服をリーズナブルに購入レンタルできるサービスが増えています。支出を抑えるために、こういったサービスも上手に活用してみましょう。

一人暮らしは生活費を上手に節約して、使いたい費用にあてよう

今回は、一人暮らしの女性のための、家賃や生活費の節約術をご紹介してきました。
最初は「毎月必ず○万円貯金しよう!」ときびしいルールを設けず、家賃や生活費をどれだけ無理なく節約できるか、意識して行動してみることをおすすめします。

節約生活に慣れ、毎月どのくらいの生活費が必要か把握できるようになったら、月ごとの貯金額や、趣味などにあてる費用を算出していくといいでしょう。

引越し検討中の方には「CHINTAIエージェント」がおすすめ!専門スタッフが部屋探しをサポート

これから一人暮らしまたは引越しを考えている人は「CHINTAIエージェント」にぜひご相談ください!

「CHINTAIエージェント」は、お部屋探しのプロがあなたの悩みや希望を聞いて、条件に合ったお部屋を提案してくれるチャットサービスです。お部屋探し初心者に、部屋探しのプロならではの視点で解決策を提案しています。もし部屋探しで困ったことがあったら、「CHINTAIエージェント」は強い味方になってくれますよ。

使い方は簡単。LINEアプリで「CHINTAIエージェント」を友だち登録し、7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけ。待っているだけで、あなたにピッタリの物件をスタッフが探してくれるんです。

自分でお部屋を探しても見つからなかった人や、忙しいからなかなかじっくり探せない人も待っているだけで自分の希望にあわせた物件をプロが提案してくれます。登録も利用ももちろん無料。自分にピッタリの物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!

「CHINTAIエージェント」に相談する!

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

cost Ranking

希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
お部屋や引っ越しのご相談受付中!
対応エリア
1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

登録は簡単3STEP

  • STEP1

    LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

  • STEP1

    LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

  • STEP2

    「CHINTAIエージェント」と友だちになる

  • STEP3

    たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

女性スタッフが朝8時から夜10時まで
お部屋をご提供しています!
LINEで始める
登録は
簡単1分
メールで提案してもらう