一人暮らしの女性の毎月の生活費の平均値は?節約、貯金もできる? 【Woman.CHINTAI】

一人暮らしの女性の毎月の生活費の平均値は?節約、貯金もできる?

※100文字以内で入力してください。
       

一人暮らしの女性の毎月の生活費の平均値は?節約、貯金もできる?

一人暮らしをしている女性も、これから一人暮らしをしようとする女性も、毎月の生活費が気になりますよね。節約もしたい、貯金もしたいなど、お金に関して頭を悩ませることもあるでしょう。

そこでこの記事では、一人暮らしをしている女性の「毎月の生活費の平均値」をご紹介します。平均値を知ることで、節約や貯金につなげていきましょう。

参考資料:総務省家計調査「第2表 男女,年齢階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出(単身世帯)」(2017年)

一人暮らしの女性の生活費は?毎月どれくらいの支出があるの?

一人暮らしの女性(勤労者)の、2017年の1か月あたりの平均支出は、201,288円(34歳まで)から251,648円(35歳から59歳まで)ほど。そして下の表は、支出の代表的な費目です。

代表的な費目 34歳まで 35歳から59歳まで
食費 31,473円 37,080円
水道光熱費 7,776円 11,317円
被服及び履物 9,586円 11,462円
保険・医療 4,483円 8,517円
交通・通信 20,944円 24,000円
教養・娯楽 14,959円 18,302円
その他消費支出 23,731円 41,640円
交際費 9,707円 15,213円
社会保険料 33,498円 39,576円

家賃については、社宅や普通の賃貸、環境などによって大きく差が開きます。上の支出に、自分の家賃をプラスして考えてみてくださいね。

平均値から節約できる費目を見抜いてみよう

支出の平均値は、どれも「高すぎる」という印象はありません。しかしさらに詳細な内訳を知ると、「あと数千円節約できるかも?」思われる費目が多くあります。とくに減らしやすいのは以下の3費目。

  • 食費
  • 水道光熱費
  • 交通・通信費

これらの費目について細かく見てみましょう。

食費は自炊が一番!お菓子や飲料水の買いすぎにも気をつけて

まずは「食費」から見ていきましょう。31,473円から37,080円ですが、それほど多くないように思えますね。しかし思いがけず大きな支出になっているものがあるのです。

代表的な項目 34歳まで 35歳から59歳まで
菓子類 2,602円 3,407円
調理食品 4,584円 6,402円
飲料 2,439円 3,328円
外食 13,136円 9,366円

上の表は、食費のなかでも「意識して減らすことができる」費目です。とくに「調理食品」や「外食」に注目してみましょう。これらは一人暮らしをしていると、どうしても支出が増えてしまう費目ですね。しかしお休みの日に、キッチンで少しの手間をかけることで、日々の「自炊」が楽になりますよ。

  • まとめてご飯を炊いて一食分ずつ冷凍
  • トマトソースやカレー(ジャガイモは入れないようにしましょう)を作って小分けして冷凍
  • 肉に下味をつけて、小分けして冷凍

これはほんの一例です。他にもたくさん、自炊を楽にする工夫があります。自炊をすればその分光熱費が増えますが、調理食品や外食費と比べれば少なくて済むのです。

またお菓子や飲料水も、意外と高くつくもの。嗜好品を楽しむことは悪くありませんが、「お菓子の購入量を減らす」「家からお茶を持参する」など、工夫することですぐに支出を抑えられます。

水道光熱費はライフスタイルに合わせた契約を!

生活をしていれば必ず発生する「水道光熱費」。とくに電気は、ライフスタイルに合わせた契約をすることで、基本使用料から減らすことが可能です。

電気の契約は10A(アンペア)から60Aまで契約電力量が用意され、それぞれに基本使用料が設定されています。まずは自分が入居している部屋の契約電力量を確認してみましょう。一人暮らしであれば、30Aもあれば充分です。電化製品の使用頻度次第では、20Aでいいことも。電力量を減らすことで、基本使用料も下がりますよ。

昼間働いている人は、夜間に電気を使用することが多くなりますよね。電力プランには、夜間の割引プランもありますのでチェックしてみましょう。

いまは「電力自由化」の時代。さまざまな企業が電気販売事業に参入して選択肢が増えています。また「ガス自由化」も始まり、ガス事業に進出した電力会社なども。まずは契約している企業に確認をして、さまざまなプランを比較検討してみてくださいね。

車は本当に必要?格安スマホも検討!見直しで支出を大幅カット!

車は本当に必要?格安スマホも検討!見直しで支出を大幅カット!
最後に「交通・通信費」を見ていきましょう。これらも見直すことで大幅なカットが可能ですよ。

交通は主に自動車関係費や、通勤に必要な運賃です。運賃を減らすなら、まずはひとつ遠い駅まで歩いたり自転車を使ったりすること。そして自動車関係費を減らすなら、自動車に乗る頻度を確認してみましょう。

  • 車に乗るのは月に一度程度
  • 車に乗るのは週に一度程度
  • 遠出はしない
  • 駐車場代がとても高い

これらの条件に当てはまる場合は、車の維持費だけが膨らんでいきます。いまはカーシェアリングがありますので、車を手放して必要なときだけカーシェアリングを利用するという選択も考えてみましょう。

通信費は主にスマホや携帯電話、インターネットにかかる費用ですね。この費用が支出を占める割合が大きいのであれば、格安スマホに変えることや、利用プランの見直しをしましょう。自宅で契約しているインターネットと、携帯会社を揃えることで割引されるプランもありますので、自分にあった契約を探すようにしてくださいね。

プロにお部屋を探してもらう!

節約できても貯金はできるの?どうすれば貯金につながる?

  • 「節約はできても、貯金までできるか不安」
  • 「節約した分を貯金にまわせばいい?」

こう考える方は多いことでしょう。貯金は「余った分を貯める」のではなく、「最初から月々の貯金額を決める」ことがポイントです。

まずは5,000円でも10,000円でもいいので、「積み立てる額」を決めます。そして、給与が振り込まれたらそのまま定額積み立てへと引き落とされるように、金融機関で手続きをしておくのです。そうすることで「手元に入るお金」は最初から積み立て分を引いた額になり、その額で月々のやりくりを考えるようになります。

「余ったら貯金」と考えていると、いつまでもお金は貯まりません。最初からないものとして考えると貯金しやすいですよ。もちろん、いきなり50,000円などの高額設定をしてはいけません。無理なくできる範囲から、少しずつ貯蓄し始めていきましょう。

女性の一人暮らし、節約も貯金も、自分の支出を知ることから始めよう

財布をもった女性

今回ご紹介したのは、一人暮らしの勤労女性が月々に使う生活費の平均値です。あくまでも平均値ですので、ライフスタイルや地域によって支出額はことなることでしょう。まずは自分の支出を知ることから始めてみてください。自分の支出を知ることが、節約や貯金への第一歩になりますよ。

引越し検討中の方必見!部屋探しはCHINTAIエージェントへご相談を

契約期間中に途中解約して引越しが必要となった方、新しいお部屋探しをされる方は「CHINTAIエージェント」へお気軽にお問い合わせください!

「CHINTAIエージェント」は、お部屋探しのプロがあなたの悩みや希望を聞いて、条件に合ったお部屋を提案してくれるチャットサービスです。お部屋探し初心者に、部屋探しのプロならではの視点で解決策を提案しています。もし部屋探しで困ったことがあったら、「CHINTAIエージェント」は強い味方になってくれますよ。

使い方は簡単。LINEアプリで「CHINTAIエージェント」を友だち登録し、7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけ。待っているだけで、あなたにピッタリの物件をスタッフが探してくれるんです。

自分でお部屋を探しても見つからなかった人や、忙しいからなかなかじっくり探せない人も待っているだけで自分の希望にあわせた物件をプロが提案してくれます。登録も利用ももちろん無料。自分にピッタリの物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!

「CHINTAIエージェント」に相談する!

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

Ranking

cost Ranking

希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
お部屋や引っ越しのご相談受付中!
対応エリア
1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

登録は簡単3STEP

  • STEP1

    LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

  • STEP1

    LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

  • STEP2

    「CHINTAIエージェント」と友だちになる

  • STEP3

    たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

女性スタッフが朝8時から夜10時まで
お部屋をご提供しています!
LINEで始める
登録は
簡単1分
メールで提案してもらう