「"生活"をはじめて、自分の心の声を聞けるようになった」文筆家・佐々木ののかが暮らしを振り返る 【Woman.CHINTAI】
 
サマリーポケットキャンペーンサマリーポケットキャンペーン

「“生活”をはじめて、自分の心の声を聞けるようになった」文筆家・佐々木ののかが暮らしを振り返る

※100文字以内で入力してください。
       

一人暮らしをしながら働いている女性は、どんなライフスタイルを送っているのだろう?

“一人暮らし初心者”の筆者が、ベテランの皆さんの自宅にお邪魔をし、その様子を探る新企画。

第1回は「家族と性愛」をテーマに、さまざまなメディアへ寄稿。映画の舞台挨拶やイベントにも登壇している文筆家・佐々木ののかさんに登場してもらいました。佐々木さんには、これまでの活動背景や暮らしにまつわるお話を伺っていきます。

佐々木ののか

<プロフィール>
名前:佐々木ののかさん(29歳)
職業:文筆家
居住形態:1人
出没エリア:下北沢・渋谷

<ルームデータ>
所在地:東京都世田谷区
間取り:1K
築年数:50年くらい
家賃:66,000円(共益費込)
公共料金:ガス・電気代 10,000円、水道3,000円

歩いているだけで楽しい。下北沢に戻ってきた理由

――まずは、佐々木さんの暮らしについて聞かせてください。北海道出身とのことですが、いつから一人暮らしを始めたのでしょうか?

18歳の頃、北海道から茨城の大学へ通うとなったときです。その家には、2年くらい住みました。大学を卒業して社会人になったことをきっかけに、東京・綾瀬に引っ越して。綾瀬には会社をやめるまで住んでいましたね。

25歳だったこの時、会社もやめたし実家に戻ろうと思っていたのですが、家を出るまでの1ヶ月間、ライターとして仕事をするようになってからはみるみる元気になり「もう少し東京で頑張ろう」と思ったんです。

ただそこから半年間はハウスレス(注:経済的困窮の意)で、60リットルのリュックを持って友達の家や漫画喫茶など、都内を放浪する日々を送っていました。その後貯金が溜まってきた2015年12月に、下北沢に引っ越しました。

――半年も家がなかったとは。ちなみになぜ、下北沢を選んだのでしょうか。

北海道に住んでいた頃から、雑誌を通して「古着屋と言えば下北沢!」というイメージを持っていて、憧れだったんです。東京に遊びに行く時、必ず下北沢に寄っていたくらい。なので、とにかく憧れの下北沢に住みたかったんです。しかも「下北沢に行けたらいい」ではなく下北沢に住みたかった。

引越しの条件としては「家賃が安い」ことも必須で。この2つの条件だけで家探しをしていたので、風呂なし・和式トイレ・築60年のボロアパートに1年間住むことになりました。変な人が多くて、暑い日にドアが全開になっていて、覗いたら全裸のおじさんが座っているような家(笑)。

その後は女友達と荻窪に数ヶ月住んだり、代官山のシェアハウスで過ごしたり……。代官山のシェアハウスはまるでニワトリ小屋のような見た目で、深夜に体当たりされたり、奇声をあげる人がいたりなど、踏んだり蹴ったりでした。こう振り返ると、変な家ばっかりですね。その後、2018年1月にまた下北沢に戻りました。

――また下北沢に戻ったんですね。

はい。それが今住んでいる家です。いろいろなところを転々として思ったのが、私は本屋と古着屋があって、散歩が楽しい街が好きなんだな、と。下北沢は何も買わなくても、歩いているだけで楽しい街なんです。

あとは下北沢なら、バスや電車が止まったり、災害が起きたりしても何とか都心まで歩ける、と思ったことがきっかけですね。

佐々木ののかと猫

「家」の概念が変わった一人暮らしの日々

――お部屋を見ると、古そうな家具や雑貨が多いようですが。

家具は古道具屋さんで買っているくらい、昔のものが好きなんです。古いものって「古い」だけでオリジナルだし、家も古い方が好きで……。

佐々木ののかと自宅

家探しをした際、「女性はオートロックのマンションがいいですよ!」と紹介されたものの、「もっとレトロでハートウォーミングな家がいいんです!」と自分で探して決めたくらいです。好きなものを揃えると、落ち着くんですよね。

――佐々木さんは「部屋の持っている条件」というよりは「好きなもの」を重視しているんだな、と思いました。

そうですね。今までは街や家賃の安さなどを重視しすぎて、生命の危機を感じるような、変な家に住んでばかりでしたから(笑)。

当時はそもそも「家」に対しての概念が異なっていて。たとえば、下北沢という家があって、自分の家はリビング兼寝室で、廊下を歩いて銭湯がお風呂、カフェは仕事場……みたいな概念で家を捉えていたんです。

――リビング兼寝室が確保でいればいい、と。

はい。だからこだわりがなかったんですけど……、街が家って、冷静に考えたら広すぎますよね(笑)。歳をとるごとにだんだんその感覚がフィットしなくなってきて、もう少しこじんまりしたいなと思ってきたのかもしれません。大きいお屋敷の掃除が大変なように、体の大きさに合わなかったんじゃないかな。

――なるほど。その「家」の概念が変わったきっかけはあるのでしょうか。

疲れちゃったんです。

代官山に住んでいる頃、ある人から「心と身体がボロボロすぎるよ。壊れちゃうよ、というか、もう壊れているよ」と言われて。何がほしいかを聞かれたとき「住人が怖くない家と、猫!」と答えたら「それは魔法でもないと無理なの?」と。

すぐに家探しを始めて、引き込もれるくらい落ち着く場所を、と住み始めたのが今の家です。

やっと「生活」を始められました。

佐々木ののかの家

――初の一人暮らしから約10年。今、初めてちゃんとした「生活」をしていると。

そうですね。例えば今、「ご自愛」という言葉が流行っているけれど、以前は自分への手のかけ方がわからなかったんです。ご飯は食べられればよかったし、スタイルも気にならなかった。要するに、自分のことをよく知らなくて。

「生活」をはじめたことで「疲れたから温かいものを食べようかな」「身体が重くなってきたからジムに通おうかな」と、心の声を聞けるようになりました。

仕事もカフェで行っていたのが、家で過ごすことも増えて。本を読んだり自分の好きな文章を書いたり、自由に過ごす時間も増えています。

「家族と性愛」をテーマに、文筆業を行う理由

佐々木ののかの机

――現在、佐々木さんはエッセイやイベント登壇など「家族と性愛」をテーマに活動されていますが、これはどのような経緯だったのでしょうか?

先程お話をした通り、会社を辞めた際、食いつなぐためにライターの仕事を始めたんです。それではじめたての頃は、いわゆる「〇〇をやってみた企画」の取材をしていて。

そこから「家族と性愛」をテーマに書こうと決めて、noteでコツコツ発信をはじめ、2017年から本格的に書いています。

――自身のやりたいことにシフトチェンジをしたのですね。

2016年くらいかな。ライター2年目のときに「このまま顔出しの記事だけではいけないぞ」という危機感があったんです。そのとき、自分が何をやりたいかわからなかったので、今まで書いてきた記事で印象に残っていたものを全部並べて……。

アセクシャル、ポリアモリーなど様々な性愛の形と「どういう風に家族をやろうか」「家族って何だろう」とずっと考えていたのもあり、『家族』と『性愛』だな、って。

しかしその後、家族と性愛には関係がない広告記事を作成した際、私のnoteを見たクライアントから「セックスについて書くなんて、名誉毀損にあたる」と公開前日に言い出されてしまって。

そのとき「私がやりたいことは“公的”には恥ずかしいことなのかもしれない」と感じ、これ以上迷惑をかけたくなかったし、悲しい思いをしたくなかったので、その後は表向きに出す記事は「家族と性愛」だけにすると決めたんです。

あれから数年が経ち、今でこそやりたい記事が増えてきたけれど、シフトチェンジには時間がかかりました。ただ、ここ2ヶ月くらいで「家族と性愛」の記事が全体の3分の1を超えていて……ありがたいですね。

佐々木ののかの愛用品

――最後にお聞きします。「生活」をはじめた今、「家族と性愛」を看板に、これからはどのように進んでいきたいですか。

いかに「周縁」の人間でいるかというのを意識したいです。

例えば、特定の分野があったとして、その中心に立つと界隈内の突き上げもすごいし、他分野の人に届けにくくなる。きっと、活動範囲も限定されて動きにくくなると思うんです。

そういう戦い方も素敵だけれど、私は「分断」を縫いたい。界隈の分断もだし、そもそも界隈とそれ以外という分断があると思っていて。なので、映画や演劇といった違うところに行って「家族と性愛」について意識してこなかった人にとってのきっかけでありたいな、と思います。そのためにも、本を出したり、活動を広げたりしながら、裂け目を縫っていきたいです。

佐々木ののかの部屋

 

佐々木ののか

話を聞いた人:佐々木ののか
1990年北海道生まれ。「家族と性愛」をメインテーマに、インタビューやエッセイの執筆を行う。最近は動画制作や映画・演劇のアフタートーク登壇、アパレルの制作など、ジャンルを越境して活動中。
Twitter:@sasakinonoka
note:https://note.mu/sasakinonoka

 

高城つかさ

取材・執筆:高城つかさ
ライター&フォトグラファー。1998年、神奈川県出身。2018年7月よりライティング業をスタートする。主に舞台をはじめとしたエンタメの取材・執筆・撮影や、生き方・暮らしにまつわるインタビューなどさまざまなジャンルで活動。noteにて偏見を軸にしたエッセイも執筆中。好きな食べ物は焼き鳥と豚骨ラーメンとメロンソーダです。
Twitter:@tonkotsumai
note:https://note.mu/tonkotsumai

写真=編集部

 

部屋探しはWoman.CHINTAIで!

Woman.CHINTAIでは、「女性専用物件」「セキュリティ物件」など、女性がお部屋探しでこだわりたい条件で検索できちゃいます。お部屋探しで悩んだときは、LINEアプリを使って「CHINTAIエージェント」に相談することも可能!担当してくれるのは女性のスタッフなので安心して相談できますよ♪

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    case Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう