大好きなジャニーズのグッズも! 西川口に住む 20代女性が語る「ロフトを活用したお部屋づくり」 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

大好きなジャニーズのグッズも! 西川口に住む 20代女性が語る「ロフトを活用したお部屋づくり」

※100文字以内で入力してください。
       

【連載】東京一人暮らし女子事情

東京で一人暮らしをする女性をリレー形式で取材・紹介をしていく連載、第五弾はエステサロンへの就職をきっかけに初めての一人暮らしを始めた北村伽衣莉さんを紹介します。

今回は、都内から少し離れた埼玉県川口市へ。アクセス重視でお部屋を探したと話す北村さんに川口の魅力や、妥協点をどのように改善したのか、ロフトの活用方法などお部屋づくりの秘訣を伺いました。

<プロフィール>
名前:北村伽衣莉さん(21歳)
職業:サービス業
居住形態:1人
出没エリア:新宿

<ルームデータ>
所在地:埼玉県川口市
間取り:1R
築年数:築33年
家賃:42,000円/月
公共料金:6,000円ほど

“一度住んだら離れられない街” 川口の魅力

エステサロンへの就職をきっかけに初めての一人暮らしを始めた北村伽衣莉さん

エステサロンへの就職が決まり、勤務先のある新宿へアクセスしやすいJR京浜東北線が通る、西川口で一人暮らしをはじめた北村さん。「駅近」、そして「人目につきやすい場所にあること」を条件に、4軒の内見をしたそう。

「新宿に通いやすいエリアでお部屋探しを始めたところ、不動産屋さんに川口を勧められて。アクセスが便利な上に24時間営業スーパーもあるので、一人暮らしにぴったりだと思って決めました。不動産屋さん曰く、川口は“一度住んだら離れられない街”。本当に暮らしやすい街なんです」(北村伽衣莉さん)

治安の悪いイメージがある西川口エリアですが、それはもう過去の話なのだそう。北村さんのお部屋は駅から15分ほど歩いた場所。駅前には薬局やスーパー、書店などがあり、生活に便利な街だという印象を受けました。さらに京浜東北線は大宮や品川、横浜と休日に遊びにいきたい駅へも一本。仕事はもちろん、プライベートも充実させられそうです。

手作りの飾り物も。ジャニーズ愛溢れたお部屋づくり

北村伽衣莉さんが住む賃貸物件のセキュリティ

駅近・バストイレ別などさまざまな条件があるなかで「人目がつきやすい場所」を挙げた理由を聞くと「帰宅が遅い時間になることが多いので、セキュリティ面が心配で。ここなら近くに警察署があり、頻繁にパトロールをしてくれているので、安心だと思ったんです」と北村さん。

さらに北村さんは大家さんが近くに住んでいる物件、または、管理人が定期的に来てくれる物件を視野に入れたそう。女性の一人暮らしには、警察官や管理人など“いろんな人の目が行き届きやすい”物件がぴったりです。

北村伽衣莉さんが部屋に飾っているアイドルグッズ

お部屋に入って最初に目についたのがジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「King & Prince」の飾り物。原宿・ジャニーズショップで行われたデビュー記念時の展示を真似て、ハンドメイドで作ったと北村さんは話します。

「母がジャニーズファンで、一緒にコンサートに行くうちにHey!Say!JUMPが好きになりました。そこからバックで動いているジャニーズJr.に興味が湧いて、今はKing & Princeの岸優太くん、SexyZoneの菊池風磨くん、そして来年デビューするSixTONESの森本慎太郎くんを応援しています。お気に入りの曲はSexyZoneの『STAGE』。元気をもらいたいときに聞いています」(北村伽衣莉さん)

北村伽衣莉さんが一人暮らしをしている部屋

白・茶色が基調のレイアウトにこだわった北村さん。お部屋探しで妥協した点は「バス・トイレ別」さらに「室内洗濯機」だと言います。「洗濯機は外に置いているのですが、帰宅後に洗濯をすると近所迷惑になってしまうので、休みの日にまとめて回しています」と解決策を教えてくれました。

「家賃5万円以内のお部屋を探していたのですが、理想だったバス・トイレ別と独立洗面台を入れると2万円ほど予算が上がってしまって、はじめての一人暮らしでやりくりを学ぶためにも妥協しました。とはいえ、ビジネスホテルと同じだと思えば、いつも“遠征”気分で楽しめます」(北村伽衣莉さん)

北村伽衣莉さんが一人暮らしをしている部屋

また、一人暮らしの部屋となると、キッチンが狭くなってしまいがち。部屋のすぐ入り口に冷蔵庫とテーブルを置き「冷蔵庫から材料を出して、テーブルで切ったあとにすぐ持っていけるようにしているんです」とのこと。キッチンまでの動線を確保できれば、ストレスなく自炊できそうです。

「就職が決まった一昨年の12月、1日で内見を終わらせました。家の引き渡しを3月上旬に終わらせ、父が車を出してくれるタイミングに合わせて家具を運んだり買い物をしたりと、業者を使わずに引っ越したので予算が抑えられて。また、電子レンジと炊飯器を友人が譲ってくれたので、家具・家電も10万円ほどで抑えられてよかったです」(北村伽衣莉さん)

ロフトは寝室に。大好きなジャニーズのグッズも

北村伽衣莉さんが一人暮らしをしている部屋のロフト

備え付けのロフトは寝室として使用。足元にはジャニーズ関連の雑誌やDVDが置いてあり、寝る前に楽しんでいる様子が伺えました。休日は大宮で遊ぶことが多い北村さんは、そのまま友人が泊まりに来てもいいようにお布団一式を用意していると話します。

「休日は川口や蕨エリアでひとりカフェ巡りをすることもあれば、友達と吉祥寺・渋谷で買い物をすることも。大宮で飲み会をするときは、話に花が咲きすぎて友人が終電を逃してしまうときもあって。そのときはうちで“二次会”です(笑)」(北村伽衣莉さん)

北村伽衣莉さんが一人暮らしをしている部屋

ソファ横にあるのは、Dysonの空気清浄機。リビングでのんびり過ごすときの必需品だと北村さんは話します。

「ワンルームはどうしても匂いがこもりやすいな、と。まずはそれを解消しようと、Amazonのセールを狙って半額でゲットしました。ロフトでアロマを焚いても匂いが混ざらず、快適です」(北村伽衣莉さん)

家電を揃えるとなると、予算が上がってしまいます。優先順位を考えたりセールを活用しながら、ゆっくりと理想のお部屋をつくっていくことが大事なのでしょう。

西川口の次に「住みたい街」は?

東京で一人暮らし中の北村さん

妥協点もポジティブに捉えながら、暮らしやすいお部屋づくりをしている北村さん。引っ越してもうすぐ2年、更新が待っている北村さんに「次に住みたい街」を聞いてみると「もちろん、川口です」と返ってきました。

「不動産屋さんの言う通り、暮らすうちに川口が大好きになって。仕事も落ち着いてきたし、バス・トイレ別でコンロが二口以上あるお部屋に住みたいな、と思います。今回妥協した水回りに力を入れて、もっと暮らしやすいお部屋づくりをしたいです」(北村伽衣莉さん)

はじめての一人暮らしが落ち着き、より必要なものを取り入れた部屋にステップアップする、北村さん。これからも川口の魅力を深堀りしていくのだろうと感じました。

 

北村伽衣莉

お話を聞いた人:北村伽衣莉さん
埼玉県春日部市出身。新宿のエステサロンに勤務中。

 

高城つかさ

取材・執筆:高城つかさ
ライター&フォトグラファー。1998年、神奈川県出身。2018年7月よりライティング業をスタートする。主に舞台をはじめとしたエンタメの取材・執筆・撮影や、生き方・暮らしにまつわるインタビューなどさまざまなジャンルで活動。noteにて偏見を軸にしたエッセイも執筆中。好きな食べ物は焼き鳥と豚骨ラーメンとメロンソーダです。
Twitter:@tonkotsumai
note:https://note.mu/tonkotsumai

部屋探しはWoman.CHINTAIで!

Woman.CHINTAIでは、「女性専用物件」「セキュリティ物件」など、女性がお部屋探しでこだわりたい条件で検索できちゃいます。お部屋探しで悩んだときは、LINEアプリを使って「CHINTAIエージェント」に相談することも可能!担当してくれるのは女性のスタッフなので安心して相談できますよ♪

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    case Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう