タピオカやコスメがいっぱい! 大岩根彩未さんが語る"流行"と"好き"を詰め込んだお部屋作り 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

タピオカやコスメがいっぱい! 大岩根彩未さんが語る“流行”と“好き”を詰め込んだお部屋作り

※100文字以内で入力してください。
       

連載・東京一人暮らし女子事情

東京で一人暮らしをする女性を、リレー形式で取材・紹介をしていく連載、第四弾は地元・静岡県から美容師への就職をきっかけに上京し、現在はフリーターの大岩根彩未さんを紹介します。

アクセス重視でお部屋を探したと話す大岩根さん。初めての一人暮らしにあたり、ホームシックの解消法や、タピオカ・コスメといった“流行”と“好き”を取り入れたお部屋づくりの秘訣を伺いました。

<プロフィール>
名前:大岩根彩未さん(21歳)
職業:フリーター
居住形態:1人
出没エリア:吉祥寺

<ルームデータ>
所在地:東京都杉並区
間取り:1K
築年数:29年
家賃:56,000円/月
公共料金:7,500円ほど

「地元・静岡県に似た雰囲気がお気に入りです」杉並区三鷹台に決めた理由

三鷹台で一人暮らしをする女性

2018年4月、大岩根さんは美容院への就職をきっかけに、杉並区三鷹台にて初めての一人暮らしをはじめました。お部屋探しの条件は駅近、広いキッチン、そして収納スペースが充実していること。お母さんとともに4軒のアパートを内見したと振り返ります。

「前職の職場・渋谷へ一本で行ける京王井の頭線沿いでお部屋探しをはじめました。モノが増えてしまう性格なので、とにかく広さ・収納を重視。それと、ガスコンロであることも条件に入れました。お母さんが『停電したときにも使えるから』とアドバイスをくれたんです」(大岩根彩未さん)

大岩根さんのお部屋は、京王井の頭線三鷹台駅から徒歩3分ほど。ドラッグストアやコンビニもあり、生活するのにぴったりな印象を受けました。

さらに、吉祥寺駅まで二駅、渋谷駅までは乗り換えなしでおよそ30分というアクセスの便利さも魅力。のどかな雰囲気が地元・静岡県と似ていたことも決め手だったそう。

“好き”で解決! ホームシックの解消法

三鷹台で一人暮らしをする女性の部屋 壁には学生時代の友人との写真や、お気に入りのYouTuber・あさぎーにょさんのポストカードが貼られています。

「初めてのひとり暮らしでホームシックになってしまって。友達と大好きなディズニーランドに行ったときの写真や、お気に入りのアーティスト・SEKAI NO OWARIが表紙の冊子など“好きなもの”を飾ったら少しは元気が出るかな、と思い飾りはじめました。辛いときはそれを見て元気をもらっています!」(大岩根彩未さん)

また、部屋に入ってすぐ、一番気になったのは、カーテンレールの上にある“タピオカ”のカップ。なんと大岩根さん、専用のタピオカ入れを持ち歩いているほどのタピオカ好きでした。

三鷹台で一人暮らしをする女性が持っているタピオカ容器

「多いときは週2回タピオカを飲んでいます。タピオカの容器が可愛いな、と記念に残すことも(笑)。いつでも飲めるように、どんなに小さなバッグでもタピオカ専用バッグを持ち歩いています。静岡でもらった、大切な宝物です」(大岩根彩未さん)

鷹台で一人暮らしをする女性が持っているタピオカホルダー

お部屋探しで妥協した点を聞いてみると「バス・トイレ別」と返ってきました。

「家賃の予算は6万円。駅近となると、やっぱり『バス・トイレ別』は妥協しなければいけなくて。でも、広さも収納スペースも十分だし、気に入っています」と大岩根さんは話します。 必要な条件を明確にお部屋探しをしたからこそ、妥協点も受け入れられたと語る、大岩根さん。部屋の広さを活かして、タピオカやコスメを置いたり、壁に写真を飾ったりと、好きなものをバランス良く“見せる収納”をしています。

美容コーナーにはコスメやワックスも。「毎日の丁寧なケアが大切です」

三鷹台で一人暮らしをする女性の部屋

大きな窓から差し込んだ光に包まれた、“流行”と“好き”が詰まったお部屋。ベッドにはお母さんとお揃いで買ったぬいぐるみや、ゲームセンターで取った景品が置かれています。「今月もお母さんとディズニーランドに行くんです」と大岩根さん。

「内見の日も天気がよかったのですが、窓から入る光が暖かく感じて『このお部屋に決めます!』とすぐ決めてしまいました。ベランダはあるものの洗濯物を外に干すのはセキュリティ面が心配で……。でも、このお部屋なら日差しも入るし室内干しでも大丈夫。しかも、お昼は照明をつけずに過ごせるので快適です」(大岩根彩未さん)

三鷹台で一人暮らしをする女性のお部屋にあるアクセサリーケース

お部屋には、美容へのこだわりを感じるコーナーも。「洋服よりもプチプラコスメやアクセサリー、化粧水を集めるのが好きです」と話す、大岩根さん。ハンドメイドのアクセサリーが入ったボックスにはお気に入りのトリートメント「エリップス」も入っています。

「美容師をしていたのもあり、トリートメントやワックス集めも好きで。あとは化粧水にもこだわっています。乾燥肌なので、肌にあう化粧水を求めていろいろ試してきました。今は友達に教えてもらったエステで購入したシリーズをライン使い。ケアに力を入れる美容デーを設けるよりも、毎日少しずつ丁寧なケアをしています」(大岩根彩未さん)

三鷹台で一人暮らしをする女性のお部屋にあるネイルコーナー

美容コーナーにはネイルもたくさん。その日のコーディネートや髪型に合わせたネイルをすることで、気分も上がりそうです。 現在は吉祥寺でアルバイトをしている大岩根さん。主要駅まですぐ行けるため、お休みの日は渋谷や新大久保でタピオカを飲んだり、コスメを買ったりすることが多いそう。アクセスが便利だからこそ、ふらっと街へ出かけられるのは三鷹台の魅力です。

“流行”と“好き”に囲まれて過ごす、お部屋の魅力

三鷹台で一人暮らしをする女性の部屋

コスメや化粧水といった美容への“こだわり”を感じる、大岩根さんのお部屋。枕元に置かれたiPadでYouTubeを観たり、テレビをつけながら料理をしたりと、自宅でものんびり過ごせていると話します。

「今日はこのあと、りりちゃん(第四回ゲスト・笹竹梨里子さん)と新大久保で買い物をするんです。ほしいコスメがあるので、早くゲットしたいな。もちろん、タピオカも飲みますよ!」(大岩根彩未さん)

毎日の生活を楽しむに欠かせない、“好き”への想い。ときには見せる収納をしながら“流行”と“好き”を取り入れてみることで、自宅で過ごす時間も楽しくなるのかもしれません。

次回出演の一人暮らしの女性は……

東京で一人暮らしをする女性を、リレー形式で取材・紹介をしていく本連載。第四回目はいかがでしたでしょうか。次回11月末公開予定の第五弾では、大岩根彩未さんからのご紹介で、エステティシャンさんのご自宅を紹介予定。ぜひお楽しみに!

 

大岩根彩未

お話を聞いた人:大岩根彩未さん
2018年に美容学校を卒業後、上京。現在は吉祥寺にあるラーメン屋でバイトをしています。

 

高城つかさ

取材・執筆:高城つかさ
ライター&フォトグラファー。1998年、神奈川県出身。2018年7月よりライティング業をスタートする。主に舞台をはじめとしたエンタメの取材・執筆・撮影や、生き方・暮らしにまつわるインタビューなどさまざまなジャンルで活動。noteにて偏見を軸にしたエッセイも執筆中。好きな食べ物は焼き鳥と豚骨ラーメンとメロンソーダです。
Twitter:@tonkotsumai
note:https://note.mu/tonkotsumai

部屋探しはWoman.CHINTAIで!

Woman.CHINTAIでは、「女性専用物件」「セキュリティ物件」など、女性がお部屋探しでこだわりたい条件で検索できちゃいます。お部屋探しで悩んだときは、LINEアプリを使って「CHINTAIエージェント」に相談することも可能!担当してくれるのは女性のスタッフなので安心して相談できますよ♪

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    case Ranking

    希望に合わせたお部屋をプロに提案してもらう!

    女性スタッフが毎日8:00~22:00まで
    お部屋や引っ越しのご相談受付中!
    対応エリア
    1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)・近畿圏・愛知県

    待っているだけでプロがご希望に沿ったお部屋を提案してくれる!

    登録は簡単3STEP

    • STEP1

      LINEではじめるボタンをタップすると、LINEが立ち上がります

    • STEP1

      LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

    • STEP2

      「CHINTAIエージェント」と友だちになる

    • STEP3

      たった7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけで登録が完了!

    女性スタッフが朝8時から夜10時まで
    お部屋をご提供しています!
    LINEで始める
    登録は
    簡単1分
    メールで提案してもらう