優先順位を決めたら、生きるのが楽になった ── 私とアイドルとプライオリティ【はてなブログキャンペーン 寄稿記事】 【Woman.CHINTAI】
     漫画で一人暮らし      漫画で一人暮らし

優先順位を決めたら、生きるのが楽になった ── 私とアイドルとプライオリティ【はてなブログキャンペーン 寄稿記事】

※100文字以内で入力してください。
       

千紘さん記事

誰もが無意識に考えているはずの“優先順位”

2018年現在、私の人生の優先順位はこうなっている。

1:老後、人に迷惑をかけないよう自分で暮らせるお金を残しておくこと
2:Hey! Say! JUMPのファン活動に全力を尽くすこと
3:子供の頃からの夢だった好きな仕事をし続けること

老後や仕事のことはいいとして、ここになぜHey! Say! JUMP……? と思われるかもしれない。でも、至って大真面目だ。

優先順位。英語で言うと「プライオリティ」
ら行にどうしようもなく惹かれる私は、ら行の文字が2つも入っているこの言葉が大好き。かっこいいけど、なんかかわいくない? アイドルの曲でありそう。「わがままプライオリティ」とか「放課後プライオリティ」とか。

というわけで、私はこれから「プライオリティ」という言葉をたくさん使うけど、「推し単語なんだな……」と見守ってください。

早速なのですが、皆さんは普段からプライオリティって意識していますか。日常生活ではあまり……という人も多いはずです。

例えば、私が大好きな「アイドル」で考えた場合。アイドルは、かわいくて、かっこよくて、歌がうまくて、ダンスがうまくて、トークがうまくて、思いやりがあって、優しくて、カリスマ性があって、オシャレで……とにかくたくさんの魅力を持ち合わせている。

この要素が全部そろっていたら理想的かもしれないけれど、こんなに完璧なアイドルはなかなかいない。だから皆、自然と自分の中にある「好み」の優先順位を軸に“推したいアイドル”を選んでいるはず。「とにかく顔が好きだったら全部許せる!」とか「気が付けば、真面目なアイドルばっかり好きになるなぁ」とか。

ちなみに私は「真面目さ」を持つアイドルに超惹かれる! ジャニヲタだって言うと美形が好きなんでしょってレッテルを貼られますが、不思議なことに、私は顔から好きになることがほぼない。

という感じで、無意識かもしれないけれど、プライオリティって、誰もが日常的に使っているものじゃないかな〜と思う。

スーパーの閉店で引っ越しを決意 意識し始めたプライオリティ

元々は何をするにも優柔不断だった私。そんな私が「プライオリティを決めること」の大事さに気付くことができたきっかけは、ずばり「一人暮らし」だ。

とにかくピンクが好きなので、洗濯機もピンク!部屋中ピンクなので、遊びに来た友達には目がおかしくなりそうと言われる

一人暮らしを始めたのは、社会人1年目の秋。夜遅くまで残業することが多くて、もうどんな物件でもいいから会社に近いところに住みたい!と、突発的に実家を飛び出した。

衝動的に始めた一人暮らしだから、「こういう部屋がいい」「こういう街がいい」という条件は何にもなかった。ただシンプルに「会社に近いから」という理由だけで部屋を決めた。もうね、とにかく寝たかった。通勤時間を睡眠時間に変えたかった、それだけ。で、大阪・梅田の会社から徒歩で通える物件を選んだ。

大阪の中心地という立地条件と引き換えに、住んだ部屋は、本気で蹴ったらドアに穴が開いちゃうんじゃないかっていうくらいのボロアパートだった。それでも、終電を気にしなくてもいいこのお部屋は何だかんだで居心地が良く、あっという間に10年も住み続けてしまった。住めば都って言葉を考えた人、マジ天才。もう一生ここにいてもいいかも! とさえ思っていたのに……ある日突然、マンションの隣にあったスーパーが潰れた。

スーパーが閉店して困る……って話をすると「料理をすごくするんだな」と思われそうですが、その逆!! 料理が一切できない私は、隣のスーパーが閉店前に値引きするお惣菜で生計を立てていたのです。お惣菜に力を入れていたそのスーパーでは、カロリーがしっかり計算された手作りの美味しいお惣菜を手に入れることができたので、母親が作ってくれる料理のように依存していました。何より安い! 半額になったお寿司なんて、週イチで買ってたよ! もう、店員さんからも超認知(アイドルに顔や名前を覚えてもらうこと)されてたからね。平日夜シフトのおばちゃんのTO(アイドルヲタク用語で「トップヲタク」の略。推しから一番気に入られているヲタのこと)やっていました。

このスーパーがなくなったら、私の食事は全て外食かコンビニのお弁当になってしまう。これはカロリー的にも経済的にも大ピンチ! ということで、10年過ごした部屋から引っ越すことに。今度は、前のような突発的な引っ越しではない。考える時間はたっぷりあったし、どんな部屋に住もうかな? と夢は膨らむばかりだった。

もちろんスーパーがあって、マンションは新しくて、部屋は広くて、友達に「いい部屋!」って言ってもらえるようなオシャレマンションで、宅配ボックスがあって、家賃は安くて、日当たりが良くて、駅から近くて、会社から近くて、実家にも帰りやすくて、BSアンテナがちゃんと付いていて、100円ショップとドラッグストアと本屋とコンビニが超近くて……。

……と、ひたすら理想を並べてはみたものの、こんなに完璧な部屋はない。完璧なアイドルがいないように。

こう思ったとき、初めて「じゃあ、私の優先順位って何なんだろう?」と考えた。一般論じゃない、他の誰でもない「私」が部屋に求めるものは?

次ページからは、ちひろさんが2度の引越し経験を経て気がついた、「人生における3つのプライオリティ」をご紹介します!

12

Woman.CHINTAIでお部屋探し!

    Ranking

    case Ranking